MANTANWEB(まんたんウェブ)

松井玲奈:悪役の楽しさに目覚める 「これからは悪女もできる女に」

映画
映画「劇場版 仮面ライダービルド Be The One」の初日舞台あいさつに登場した松井玲奈さん

 女優の松井玲奈さんが4日、東京都内で行われた映画「劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)」の初日舞台あいさつに登場。特撮ドラマ「仮面ライダービルド」の劇場版のゲストとして、地球を滅ぼすためにやってきた“ブラッド族”・才賀涼香役で出演している松井さんは、「悪役を演じるのが初めてだったので、どういう悪役がいいんだろうって思っていた」と振り返りつつ、撮影を通じ「『悪役は楽しいな』と思ったので、これから先は、悪女(役)もできる女になりたいなと思いました」と笑顔で語り、会場を沸かせた。

 松井さんは、MCから仮面ライダーシリーズへの今後の出演の意気込みを聞かれると、「今度はレギュラーで出たいなって思っています」と意欲的に話すも、「ガジェットを開発する博士みたいな、そういうポジションで、1話の中で5分ぐらい出られるのがちょうどいいなと思っています(笑い)」と控えめな姿勢を見せ、会場の笑いを誘っていた。

 舞台あいさつには、松井さん、犬飼貴丈さん、赤楚衛二さん、高田夏帆さん、武田航平さん、越智友己さん、滝裕可里さん、水上剣星さん、前川泰之さんが出席した。
 
 「仮面ライダービルド」は、平成ライダーシリーズ19作目。タイトルは「創る」や「形成する」といった意味を持つ「Build(ビルド)」から取られ、天才物理学者の青年が、戦いの場においてまるで「実験」するかのように二つの成分を組み合わせて、あらゆる姿に変身し、「スマッシュ」と呼ばれる未確認生命体を駆逐する。

 劇場版は、仮面ライダービルドにとって初の単独映画作品。東都、西都、北都の三つの首都で繰り広げられた戦争が終結し、パンドラタワーに新政府が樹立。東都、西都、北都には、これまでの首相に代わってそれぞれ知事が置かれ、平和のための新体制が確立されたはずだったが、再び大きな脅威が、桐生戦兎(仮面ライダービルド)の前に立ちはだかる……というストーリー。「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film」と2本立てで公開。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る