MANTANWEB(まんたんウェブ)

雨宮天:「七つの大罪」魅力は「信頼関係」

アニメ
劇場版アニメ「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」の初日舞台あいさつに登場した雨宮天さん(左から2番目)

 劇場版アニメ「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」(阿部記之総監督)の初日舞台あいさつが18日、東京都内で開かれ、声優の雨宮天さんらが登場。「七つの大罪」の魅力をフリップ使って回答する企画で、「信頼関係」と書いた雨宮さんは「『七つの大罪』はたくさんの強敵に立ち向かいます。その時その時の判断が常にお互いの信頼を前提としている。必ずしも仲間を助けに行くわけではない。それは、あいつなら大丈夫っていう信頼があるから。逆に、あの人なら助けに来てくれるという信頼があるから強敵に立ち向かえるっていうシーンがある。強い信頼関係を感じています」と目を輝かせて語った。

 雨宮さんは、公開初日を迎えたことについて「原作、テレビアニメシリーズを経て、映画化もされ、感慨深いです」と語った。

 舞台あいさつには、声優を務める梶裕貴さん、久野美咲さん、悠木碧さん、鈴木達央さん、福山潤さん、高木裕平さん、坂本真綾さん、杉田智和さん、森川智之さんらも出席した。

 「七つの大罪」は、「週刊少年マガジン」(講談社)で2012年から連載中の鈴木央(すずき・なかば)さんのマンガが原作のアニメで、かつて王国転覆を謀ったとされる伝説の大悪党・七つの大罪の戦いを描いている。劇場版は、原作者の鈴木さんが描き下ろしたネーム(マンガの下書き)を基にした完全オリジナルストーリーで、主人公のメリオダスたちが、最強の敵・ベルリオンの率いる魔神族の集団・黒の六騎士と激突する……という内容。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る