MANTANWEB(まんたんウェブ)

欅坂46平手友梨奈:監督「響みたいだった」 高嶋政伸も「一番弟子にしてもらいたい」

映画 マンガ アイドル
映画「響 -HIBIKI-」の完成披露舞台あいさつに登場した平手友梨奈さん

 アイドルグループ「欅坂46」の平手友梨奈さんが28日、東京都内で開かれた初主演映画「響 -HIBIKI-」(月川翔監督、9月14日公開)の完成披露舞台あいさつに登場。天才女子高生作家・鮎喰響(あくい・ひびき)を演じた平手さんの演技を見て、高嶋政伸さんは「ヤバいのは声ですかね。平手さんと初日が一緒だったのですが、響のせりふをしゃべったとき、完全に響だなと思った。響は難しい役ですよ? それを初日から自分のものにしていたので、ヤバいなと。一番弟子にしてもらいたい」と絶賛。平手さんは大慌てで「申し訳ないです」と頭を下げて、周囲を笑わせた。

 舞台あいさつの冒頭で、「どんな思いで作品に臨んだか」と聞かれた平手さんは「私は、響の生きざまを届けたいなと思ってやりました」と響同様のぶっきらぼうな返答で観客を沸かせた。オファーが来たとき平手さんは「もともと原作マンガを読んでいましたが、私には絶対に無理だと思いました。初めての映画が主演だし、他の皆さんに迷惑をかける。飽き性なのでできないなあと思っていました」と明かした。それでも映画を撮り終えると「(飽きることはなく)大丈夫でした。まだ響でいたいと思いました」と振り返った。

 舞台あいさつには、北川景子さん、アヤカ・ウィルソンさん、北村有起哉さん、野間口徹さん、月川監督も出席した。平手さんの演技について聞かれた北川さんは「役作りでスイッチが入った感覚、憑依(ひょうい)した感覚がなく、自然にやっているんだと思う。感覚がないのがすごい。私は役に入ろうとして集中しようとするのですが……」と話した。

 月川監督も「北川さんのおっしゃっていた感覚に近い。鮎喰響が本当に存在している感じで現場にいた。なぜこんなにできるんだろうと……。『演技をしてやろう』という欲が一切なく、ただキャラクターとして存在していた。僕が迷っているとき、納得のいくせりふや、(平手さんから)『こうしましょうか?』という答えが返ってくる。『確かに響だったらこうするのかなあ』ということの連続だった。ただただ、救われていた感じでした」と話した。平手さんは「寄り添ってくださる監督だったので、やりやすかったです。(打ち合わせの)話はムチャクチャしました」と答えていた。

 映画は、マンガ誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で連載されている柳本光晴さんの人気マンガ「響~小説家になる方法~」が原作。圧倒的な文才を持った現役女子高生・鮎喰響が、デビュー小説で芥川賞と直木賞を同時受賞し、世間を騒然とさせる……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る