山田裕貴:齋藤飛鳥らの祝福に男泣き 「俺、泣き虫なんです」

映画
主演映画「あの頃、君を追いかけた」の完成披露試写会で大粒の涙を流した山田裕貴さん

 俳優の山田裕貴さんが18日、東京都内で行われた主演映画「あの頃、君を追いかけた」(長谷川康夫監督、10月5日公開)の完成披露試写会に、共演したアイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥さんらと登場。この日が28歳の誕生日の山田さんは、齋藤さんらにケーキで祝福され、同作の原作となった映画のギデンズ・コー監督からもビデオメッセージで祝われると、「やべえな……。めちゃくちゃうれしいです、しゃべれなくなっちゃう。こうやってみんなに祝ってもらえてうれしいです」と男泣きした。

 映画は、2011年に台湾で約200万人を動員した映画のリメーク。試写会には、共演の松本穂香さん、佐久本宝さん、國島直希さん、中田圭祐さん、遊佐亮介さん、長谷川監督も出席した。山田さんは「台湾でのヒット作ということでプレッシャーを感じた。一緒に作ったキャストとスタッフさんのことをすごく好きになれて、思い入れがすごい。みんなでここに立ててうれしいです」とあいさつ。

 コー監督のビデオメッセージで「山田さんの演技大好きです!」と絶賛されると、大粒の涙を流しながら「(共演者は)映画初出演だったりして、いろいろな人に知ってもらうことがすごく重要。台湾版はすごくすてき。台湾版があったから、僕らも日本版リメークをやらせてもらえて、すてきな仲間たちに会えて。みんなが報われる映画になればよくて。自分主演だからとか一切なくて。みんながこれからこの先、この映画をやったことで活躍していく場が増えればいいなって。そういう映画にしたかった」と振り返り、「俺、泣き虫なんです」と語った。

 さらに、山田さんは最後のあいさつで「皆さんに見てもらうことには、期待と不安があります。だけどたくさんの人に見てもらいたい。この映画を見終わったときに『見てよかった』という声が広まることを願っています。見てくれた人の世界が少しでも変わってくれれば」と力を込めていた。

 「あの頃、君を追いかけた」は、仲間とつるんでバカなことばかりをして気楽な高校生活を送っていた水島浩介(山田さん)が、その態度から教師の怒りを買い、クラス一の優等生・早瀬真愛(齋藤さん)をお目付け役にされてしまい、真面目でお堅い真愛を疎ましく思う半面、中学時代からの憧れだった真愛に胸がざわつき……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る