MANTANWEB(まんたんウェブ)

草なぎ剛&柄本時生&満島真之介:キャスト3人が語る「ムタフカズ」アフレコ秘話 「新しい地図」設立から1年… 後編

映画
劇場版アニメ「ムタフカズ」で声優を務める(左から)ヴィンス役の柄本時生さん、リノ役の草なぎ剛さん、ウィリー役の満島真之介さん

 草なぎ剛さん、柄本時生さん、満島真之介さんが声優を務める劇場版アニメ「ムタフカズ」(西見祥示郎監督)が12日から公開される。同作は架空の街“DMC(ダーク・ミート・シティ)”を舞台にキュートな見た目のキャラクターたち死にものぐるいのサバイバルを繰り広げるバイオレンスアクション。草なぎさんが主人公のアンジェリーノ(通称リノ)、柄本さんがリノの親友でガイコツ頭のヴィンス、満島さんがバカで臆病なウィリーをそれぞれ演じる。3人に、今作で声優を務めた思いや、劇中のせりふにちなみ、それぞれの「納得できる自分」像などを聞いた。

 「ムタフカズ」は、劇場版アニメ「鉄コン筋クリート」(2006年)などを手掛けたアニメ制作会社「STUDIO4℃」の最新作で、フランスのマンガ家であるギヨーム“RUN”ルナールさん、ゲームや書籍などの制作会社「ANKAMA」とのコラボレーション作。失業者が路上にあふれ、カラーギャングが日夜抗争を繰り広げる米ロサンゼルスのダウンタウン「DMC」を舞台に、リノと親友のヴィンス、お調子者のウィリーのだらだらした日々と冒険を描いている。

 ◇「新しい地図」設立から1年 「納得できていると思える自分がいる」

 ――それぞれの演技の印象はいかがですか?

 草なぎさん 本当に三者三様。満島くんが言っている通り、それぞれの個性が際立っていて、この3人でしかできないデコボコ感が出ていると思いました。お互いを引き立てているし、面白いと思います。

 柄本さん 僕は、収録で草なぎさんの声が聞こえてきた瞬間に、「草なぎさん、ブレねえなあ!」と思いました。で、真ちゃんは爆発しているし(笑い)。楽しかったです。

 満島さん リノとヴィンスの親友感や、そこにうっとうしいウィリーが来る感じを見て、「こういうのってあるよな」とか、いろいろと思いました。僕、この3人で実写をやりたいなって、アフレコ中からずっと思っていたんです。この「ムタフカズ」のような世界観で、草なぎさんが真ん中にいて、僕ら2人がその両側でちょこちょことやっている……ということをずっと想像しながらやっていました。この3人で、違う国の廃れたところに行って、どこの国か分からない人たちがそこで生活していて……というロードムービー的なもの。そこにSFの要素が入ってきてもいいし、いろんな想像が広がりました。

 草なぎさん いいね。

 満島さん だから、どんどん言っていこうと思って。口にしたらかなうんじゃないかなと(笑い)。 

 ――声優の仕事が、実写のドラマや映画の演技に生きる部分はありますか?

 草なぎさん 音は大事ですからね。心情が声に出るので、気持ちを作って演じないと見透かされちゃったり伝わらなかったりするから、顔が映っていなくても演じる、という意味では同じだと思います。

 満島さん 草なぎさんはずっと歌を歌ってきているし、音の感覚があると思うんですが、僕は初めて声優の仕事をしたとき、それまではせりふとして言葉を発する経験しかなかったので、いろいろ考えちゃっていましたね。どうすればいいんだろうとか……実写で演じるときよりも、変な考えが出てきちゃう。

 柄本さん 分かる分かる。「アニメの声ってどうすればいいんだろう」とかね。キャラクターを必死で考えてしまうというか……ドラマや映画の場合は、嫌な考え方だけど、乱暴にいうとどこかしらで「結局は俺だし」と思いながらやってしまうから。その上で役を作り上げていくという感じなんです。

 満島さん そう。実写の場合は、見た目や声など全部の要素を考えてキャスティングされているから、本人から出てくるものだけでいけたりするんですけどね。

 ――劇中では、リノの「納得いく自分になりたい」という印象的なせりふが登場します。皆さんの考える「納得できる自分」とは?

 草なぎさん みんな、そう思って生きてはいるけれど、どこかごまかしたりもしている。大人になると怒ってくれる人も少なくなるし、知恵もついてくるから逃げることもできちゃう。だから、自分一人で考えて納得できる、ということは難しいことでもあるのかな、と思います。僕は、ちょうど1年ぐらい前にいろいろ新しい方向になり、「新しい地図」というものを立ち上げて、これまでやってきました。その活動を始めて1年ぐらいでこの「ムタフカズ」に出合えたので、「納得できている自分なのかな」と、今の自分は思います。いろんな転機があると思うんですけど、今はいい感じだな、と思っています。

 ――柄本さんは、普段お芝居をされている中で納得できる、と思う瞬間は。

 柄本さん 一度もないです(笑い)。

 満島さん 家庭がね。生まれた時から、役者しか家にいないから。

 柄本さん おばあちゃんから「人間は絶望から始まるんだ」って言われていたから、やっぱりそうなる(笑い)。保育園ぐらいのころから「絶望しろ、絶望しろ」って言われ続けて、そういう人間になってしまったので。

 一同 ハハハ(笑い)。

 満島さん 僕は、「自分にうそをつきたくないな」とこの1、2年ぐらい考えています。草なぎさんが言っていたように、その気になれば逃げられちゃうし、「こうすれば(どうせ)こうなるんだろう」という考えが小さなころからあったんです。でも、草なぎさんたち先輩が、前に動いていく、その背中を僕は見ている。時代が動き出し始めたところを見ているんです。

 僕と時生は平成元年生まれなんですが、「どうしていけばいいんだろう、僕らの未来ってどこにあるんだ」という思いが、職業に関係なくずっとあって……。自分を抑えるところがある世代だと思っていました。そんなとき、草なぎさんたち先輩が前に出ていったのを見て、「やれるかもしれない」と思えたんです。勇気をもらっているし、あきらめちゃいけないなと思っていた中で、この「ムタフカズ」での共演。僕の中で大きい新たな出会いでした。だからこそ、そこから「実写でもやりたい」とつながるんですが(笑い)。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る