MANTANWEB(まんたんウェブ)

志尊淳:主演映画の初日に「半分、青い。」の奇跡明かすも… 

ブック 映画
映画「走れ!T校バスケット部」の初日舞台あいさつに登場した志尊淳さん

 俳優の志尊淳さんが3日、東京都内で開かれた主演映画「走れ!T校バスケット部」(古澤健監督)の初日舞台あいさつに登場。弱小バスケットボール部が起こした奇跡を描く同作にかけて、自身に起きた奇跡を聞かれた志尊さんは「以前、『半分、青い。』という朝ドラに出演していたのですが、そこで僕が佐藤健君に『アーモンドみたいな瞳』と言うシーンがあるんです。すると競馬(のGI秋華賞)でアーモンドアイが1着だったんです」と自信満々に語ったが、他のキャストや観客の反応は今ひとつ。志尊さんは「あれ? 自信があったのに。じゃあ(他のキャストは)上回る奇跡を聞かせてくださいよ!」と可愛らしく口をとがらせ、観客の笑いを誘っていた。

 一方、驚かれたのは鈴木勝大さんと戸塚純貴さんの奇跡。鈴木さんは「1カ月前に何気なく群馬まで電車で行き、普通の喫茶店で朝にトーストを食べていたら、隣が純貴だった」と明かし、戸塚さんは「驚きすぎてリアクションがなかった」と答えていた。イベントには、佐野勇斗さん、早見あかりさん、佐藤寛太さん、西銘駿さん、阿見201さん、古澤監督も出席した。

 映画は、松崎洋さんの小説が原作。バスケットボールの強豪・私立白瑞(はくすい)高校の部内でいじめのために退学した田所陽一(志尊さん)は、「二度とバスケはしない」と誓い、通称「T校」と呼ばれる多田野高校に編入した。クラスメートに説得されてバスケ部に入部した陽一は、個性的なチームメートと出会ってバスケの楽しさを思い出し、ウインターカップで因縁の白瑞高校と対決する……というストーリー。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る