MANTANWEB(まんたんウェブ)

松坂桃李:最優秀男優賞受賞 マネジャーに感謝「恩を返していきたい」

映画
第10回TAMA映画賞の授賞式に出席した松坂桃李さん

 俳優の松坂桃李さんが17日、パルテノン多摩(東京都多摩市)で行われた第10回TAMA映画賞の授賞式に出席。「孤狼の血」(白石和彌監督)、「娼年」(三浦大輔監督)などで最優秀男優賞を受賞した松坂さんは、「(第10回の同映画祭と同じく)実は僕もお芝居を始めて10年たちまして、これも何かの縁かな」とトロフィーを握りしめながら語り、二人三脚で一緒に頑張ってきたというチーフマネジャーに「恩を返していきたい」と感謝の思いを語った。

 松坂さんは「初めてドラマが決まった時は、チーフマネジャーさんに『松坂君は“バーター”だから。その現実を受け止めなさい』と言われました。2年目には『今年結果を出さなかったら終わり』、3年目は『ここで結果を出さなかったら本当におしまい』になりました」と苦笑交じりに振り返り、「おかげさまでメンタルも強くなりました」と笑顔。10年間俳優業を支えてくれたチーフマネジャーに「感謝しかありません。メンタルはボロ雑巾のようになりましたけど、たくさん受けた恩を一個一個、丁寧に、作品に向き合って返していきたいと思っております」と感謝していた。

 TAMA映画賞は、1991年から毎年、多摩市で開催されている市民映画祭「TAMA CINEMA FORUM」で2009年に創設された映画賞。この日の授賞式には松坂さんのほか、松岡茉優さん、吉沢亮さん、吉村界人さん、深川麻衣さん、伊藤沙莉さんらも出席した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る