MANTANWEB(まんたんウェブ)

アニメ質問状:「とある魔術の禁書目録III」 文字ベースで映える作品を映像に インデックスも活躍します!

アニメ
テレビアニメ「とある魔術の禁書目録III」の一場面(C)2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX III

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、電撃文庫の人気ライトノベル「とある魔術の禁書目録(インデックス)」のテレビアニメ第3期です。ワーナーブラザースジャパンの川瀬浩平プロデューサーに作品の魅力などを語ってもらいました。

 --アニメにするときに心がけたことは?

 この作品の特性の一つとして文字ベースでの面白さがあります。例えば「幻想殺し」と書いて「イマジンブレイカ―」と呼称するという目に見えて分かるケレン味的なところから、膨大で緻密な世界観設定といったベースの情報量の部分だったりと、ノベルならではの表現としての面白さを極めている作品だと思っています。その文字ベースで映える魅力を映像にすることの難しさも含め、相当ハードルの高い作品であることは、10年前に第1期を制作する時に思い知ってはいたのですが。改めて第3期を制作することとなった今回、会議を進める中で「あー、この作品そうだったー」って事案が本当に多くて、改めて「禁書目録」の制作してるなぁと思っております。

 ただ、主に大変なのは、そうした文字ベースで映える内容のものを映像にローカライズしてくれてる錦織博監督以下、制作スタッフの皆さんです。本当に頭が下がります。


 --今後の見どころを教えてください。

 これからさらに世界は混乱を深め、上條当麻を中心にさまざまな場所でとてつもないクライシスが展開されます。そのとき、当麻はどういう決断をし、どう行動するのか!? その先に皆さんの胸をアツくする展開が待っていると思いますので、彼を信じてみて毎週楽しんで見ていただけるとありがたく思います。

 もちろん当麻だけでなく一方通行や浜面仕上、御坂美琴……。あ、もちろんヒロインのインデックスも活躍しますので、ぜひご覧ください。

 --ファンへ一言お願いします。

 前作より7年ぶりの続編ですが、楽しんでもらってますでしょうか? まだ追いつけてない方はブルーレイディスク、DVDや配信で「I」「II」を見ていただいたり、原作をまた最初から読み始めてみたりと、ぜひ見返したり読み返したりしながら現在放送中の「III」を楽しんでいただきたいと思います。まだまだ「III」も序盤戦、ぜひともアニメ「とある魔術の禁書目録」ワールドを堪能していただきたく思います。

 ブルーレイディスクやDVDには、今回も「とある科学の超電磁砲SS(3)」やおまけアニメ「とある魔術の禁書目録たん6」も特典となっておりますので、本編以外にこちらもお楽しみいただければと思います。

ワーナーブラザースジャパン プロデューサー 川瀬浩平

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る