宮野真守:「めざましテレビ」で情報番組プレゼンターに初挑戦 12月から毎週火曜に生出演

「めざましテレビ」のテレビ・エンタメコーナーで12月のプレゼンターを務める宮野真守さん (C)フジテレビ
1 / 2
「めざましテレビ」のテレビ・エンタメコーナーで12月のプレゼンターを務める宮野真守さん (C)フジテレビ

 声優の宮野真守さんが、フジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」(月~金曜午前4時55分)の12月のマンスリーエンタメプレゼンター(火曜日担当)に決定したことが30日、明らかになった。宮野さんは、12月の毎週火曜に同番組に生出演し、軽部真一アナウンサーと共にさまざまなエンタメニュースを伝える。宮野さんが情報番組のプレゼンターを務めるのは、今回が初めて。

 マンスリーエンタメプレゼンターは、俳優、アイドル、お笑い芸人など日本のエンターテインメント界で活躍している人をキャスティング。午前6時台のエンタメコーナーをはじめ、「イマドキ」「めざましじゃんけん」や生原稿読みなどMCの一人として出演し、同7時台からは番組終了まで登場する。これまで、白濱亜嵐さん、戸次重幸さん、尾崎世界観さん、歌広場淳さん、高橋優さん、小関裕太さんが務めてきた。

 宮野さんはオファーが来た際のことを「まさか僕にお声がけしてくださるとは思っていなかったので、素直に驚きました。とてもとてもありがたいことなので、宮野らしく、しっかり盛り上げたいなあと、気合が入りましたね!」と振り返った。さらに、「番組を盛り上げ、エンタメを盛り上げ、見てくださる方に、朝から元気になってもらえるように、しっかり務め上げたいと思います! ぜひとも皆さま、お楽しみに!」と意気込みを語っている。

 同局の渡邊貴チーフプロデューサーは、「数々の話題を提供してきた、エンタメプレゼンターの今年最後を締めくくるのは、カリスマ的な人気を誇る宮野真守さん。若い視聴者の多い『めざましテレビ』では、エンタメニュースなどで取り扱うと、ものすごい反響があります。声優だけでなく、俳優、歌とエンターテイナーとして活動をどんどん広げる宮野さんの人気はとどまるところを知りません。情報番組の初のMC挑戦でどんなコメントをしてくれるのか? めざましの名物コーナーのナレーション読みにも挑戦してもらいたいと考えており、視聴者の皆さんは超レアで貴重な“あの声”が生放送で聞けるかもしれません! 必見です」とアピールしている。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る