横浜流星:GReeeeN脚本の主演映画「愛唄」完成 撮影に重圧「しっかり伝えなきゃ…」

映画
映画「愛唄 -約束のナクヒト-」の完成披露試写会に登場した横浜流星さん

 俳優の横浜流星さんが10日、東京都内で行われた主演映画「愛唄 -約束のナクヒト-」(川村泰祐監督、2019年1月25日公開)の完成披露試写会に登場。主人公のトオルを演じている横浜さんは、「主演という立場で、脚本もGReeeeNさんが書かれているのでGReeeeNさんが伝えたいことをしっかりと伝えなきゃいけないということに、すごくプレッシャーを感じていた」と撮影時の心境を明かした。

 映画は、松坂桃李さんと菅田将暉さん主演で2017年に公開された「キセキ -あの日のソビト-」に続く、「GReeeeN映画プロジェクト」の第2弾。前作に続く出演で、今回は主演を務めている横浜さんは「役者として『キセキ』でご一緒した方々とまたご一緒できるのは本当に幸せ。トオルを演じていてつらかった部分もありますが、本当に監督、キャスト、スタッフの皆さんに助けられて、撮影はすごく楽しく過ごせました」と感謝を口にし、「この作品はたくさんのメッセージが詰まっています。皆さんに少しでもメッセージが届けばいいなと思っています」と呼びかけていた。

 映画は、恋する勇気を持てないまま大人になってしまったトオル(横浜さん)は、龍也(飯島寛騎さん)と再会する。そして運命を変える「詩」との偶然の出合いにより、恋というものに生涯を懸けることになる……というストーリー。脚本家の清水匡さんと共にGReeeeN自身が脚本を担当している。舞台あいさつには、飯島さん、清原果耶さん、成海璃子さん、財前直見さん、川村監督も登場した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る