野沢雅子:東京五輪の聖火「悟空がともしたい」と提案 

アニメ
劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」の公開記念舞台あいさつに登場した野沢雅子さん(左から4人目)ら

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」(長峯達也監督)の公開記念舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、孫悟空の声優を務める野沢雅子さんらが登場。同作が15日時点で世界90の国と地域に配給を予定していることが発表されると、野沢さんは「本当に楽しいし、面白いし、自然と生きていく上での勉強になっているそういう作品。一人でも多くの方に見ていただきたい」と魅力を熱弁。また、「今度、東京で五輪をやりますので、私としては、聖火を悟空がともしたいんです。(悟空の技・かめはめ波の)『ハーッ!』で。世界中の方から、喜んでいただけると思うんです」と提案し、会場から拍手を浴びていた。

 野沢さんは、MCから「(自分が)聖火リレーの最終走者になるということですか?」と聞かれると、「走者は無理かもしれない」と苦笑い。「車か何かで移動して待っていて。私の代わりを誰か走っていただいて……」と“構想”を語り、会場を笑わせた。

 舞台あいさつには、野沢さんのほか、ブロリーの声を務める島田敏さん、ベジータ役の堀川りょうさん、フリーザ役の中尾隆聖さん、チライ役の水樹奈々さん、レモ役の杉田智和さん、長峯監督が出席。イベント終了直前には、野沢さんの掛け声でキャスト全員で「かめはめ波」をする場面もあった。

 今回の劇場版は、テレビアニメ「ドラゴンボール超」に続くエピソードで、原作者の鳥山さんが脚本とキャラクターデザインも手がけた。伝説の超サイヤ人のブロリーが、孫悟空の前に立ちはだかり、さらにサイヤ人の歴史も描かれる。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る