MANTANWEB(まんたんウェブ)

宮野真守:10年ぶりドラマ出演 アニメイトの陽気な名物店長役

アニメ マンガ テレビ
連続ドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」でアニメイトの名物店長・大仁田を演じる宮野真守さん (C)金田一蓮十郎/SQUARE ENIX (C)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (C)「ゆうたの」製作委員会・MBS

 声優の宮野真守さんが、オンラインゲーム「ドラゴンクエストX」をモチーフにした人気マンガが原作の連続ドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」に出演することが19日、明らかになった。宮野さんがテレビドラマに出演するのは、2008年の「ザ・クイズショウ」(日本テレビ)以来、約10年ぶり。宮野さんは、俳優の岡山天音さん演じるさつきたくみの勤務先であるアニメイトの名物店長・大仁田役で出演する。誰よりもハイテンションで陽気なキャラクターだという。

 ドラマは、マンガ誌「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載中の金田一蓮十郎さんの同名マンガが原作で、岡山さんとモデルで女優の本田翼さんがダブル主演する。ゲーム内で女子キャラクター・パウダーに扮(ふん)して過ごしていたオタク男子・さつきたくみ(岡山さん)が、仲良くなった男子キャラクター・ゴローをひょんなことからルームシェアに誘うが、ゴローの正体はギャル系女子・おかもとみやこ(本田さん)だった……という展開。「ドラゴンクエストX」のプレーヤー同士のシェアハウス生活を描くラブコメディーだ。

 宮野さんのほか、女優でモデルの筧美和子さん、モデルのゆうたろうさん、アイドルグループ「ゆるめるモ!」のあのさん、俳優の稲葉友さん、女優の芦名星さんが出演することも発表された。筧さんはみやこの親友・あやの、ゆうたろうさんはアニメイトに勤めるたくみの後輩・外山、あのさんはみやこの勤めるネイルサロンの後輩・れいな、稲葉さんは好青年のタカシ、芦名さんはネイルサロンの店長・栗山をそれぞれ演じる。ドラマのポスタービジュアルも公開された。

 「ゆうべはお楽しみでしたね」はMBSで19年1月6日から毎週日曜深夜0時50分(初回は深夜1時20分)、TBSで同8日から毎週火曜深夜1時28分(初回は深夜1時33分)に放送。CBC、HBCでも順次放送される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る