MANTANWEB(まんたんウェブ)

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER:12日間で興収10億円突破 冬映画でシリーズ最速

アニメ 映画
映画「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」のポスタービジュアル 「ジオウ&ビルド」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの劇場版最新作「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」(山口恭平監督)が、2018年12月22日に公開され、公開から12日間で興行収入が10億円を突破したことが4日、明らかになった。

 09年から始まった冬の「仮面ライダー」の映画シリーズで、公開から12日間で興行収入が10億円を突破するのは最速の記録となった。また、平成仮面ライダーの映画としては「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー」(17年12月公開)、「劇場版 仮面ライダービルド Be The One」(18年8月4日公開)に続き、3作連続で10億円を突破した。

 1~3日の興行収入は約1億5875万円を記録。前作「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL」対比で219.4%で、冬映画シリーズ最高興収となる約15億4000万円を記録した「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010」(09年12月公開)との対比でも132.4%となり、冬の仮面ライダー映画シリーズ歴代最高の記録となった。

 映画は、「仮面ライダージオウ」の常磐ソウゴ(奥野壮さん)と「仮面ライダービルド」の桐生戦兎(犬飼貴丈さん)の世界に異変が生じ、仲間たちが次々と記憶を失う中、スーパータイムジャッカー・ティードが現れ、平成仮面ライダーの歴史を終わらせようとする。「仮面ライダー電王」で野上良太郎を演じた佐藤健さんが出演したことも話題になっている。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る