MANTANWEB(まんたんウェブ)

仮面ライダー:“ジオウ”奥野壮 “レジェンド”佐藤健との共演は「終始、鳥肌」

アニメ 映画
「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」の舞台あいさつに登場した奥野壮さん

 特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの劇場版最新作「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」(山口恭平監督)の大ヒット御礼舞台あいさつが、東京都内で9日に行われ、「仮面ライダージオウ」で常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ)を演じる奥野壮さんらが登壇。奥野さんは“レジェンドライダー”として映画に出演している佐藤健さんとの共演を振り返り、「終始、鳥肌」を連発。さらに「仮面ライダーとしての佐藤健さんに会えることはもうほとんどないんじゃないかなっていうくらい、貴重な体験。一つの大切な経験になりました」と感慨深げに語った。

 この日は、ツクヨミ役の大幡しえりさん、明光院ゲイツ(仮面ライダーゲイツ)役の押田岳さん、ウォズ役の渡邊圭祐さんも登場。押田さんは佐藤さんとの共演を振り返り「仮面ライダーとしてもうれしかったし、役者としてもうれしかった」と笑顔。大幡さんは試写を見るまで佐藤さんの出演を知らなかったといい、「(試写では)パニック状態。私も現場に行きたかったのにって、すごいショックでした」と悔しそうな表情を見せた。

 一方、佐藤さんとの共演シーンこそなかったものの、自ら撮影現場に足を運んだという渡邊さんは、「いつもレジェンドの方に出ていただいたときは、記念作品ということもあって、スタッフさんもすごく熱を持ってやっていらしたんですけど、またさらにこのシーンは絶対に皆さんの心に残そうっていう気持ちをすごく感じる現場でした」と印象を明かしていた。

 映画は、「仮面ライダージオウ」の常磐ソウゴ(奥野壮さん)と「仮面ライダービルド」の桐生戦兎(犬飼貴丈さん)の世界に異変が生じ、仲間たちが次々と記憶を失う中、スーパータイムジャッカー・ティードが現れ、平成仮面ライダーの歴史を終わらせようとする。「仮面ライダー電王」で野上良太郎を演じた佐藤さんが出演したことも話題になっている。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る