MANTANWEB(まんたんウェブ)

草なぎ剛:“浮気するダメおやじ”で「新境地」 身長が「最近2センチ伸びた」発言も

映画
映画「まく子」の完成披露上映会に登場した草なぎ剛さん

 草なぎ剛さんが20日、東京都内で行われた映画「まく子」(鶴岡慧子監督、3月15日公開)の完成披露上映会に共演の須藤理彩さんらと登場。主人公・サトシの父親で、女好きの光一を演じている草なぎさんは「浮気をしたり、どうしようもないダメおやじを演じていまして。個人としては、新境地を切り開くことができたんじゃないかなという役なので、みなさんにもぜひ楽しんでいただけると思います」と手応えを明かした。

 「まく子」は、直木賞作家の西加奈子さんの同名小説(福音館書店)が原作。小さな温泉街に住む小学5年生のサトシ(山崎光さん)が、不思議な魅力を持つ美少女の転入生コズエ(新音=にのんさん)と出会い、彼女に秘められた大きな秘密を知ることで、少しだけ大人へと近づいていく……というストーリー。草なぎさんは女好きでサトシの父の光一を演じている。思春期の葛藤や親と子の確執、再生などが独特の世界観で描かれている。

 草なぎさんは、須藤さんから原作小説を昨日読んでいたことを指摘されると、笑顔で認め、「昨日沖縄に行っていたんですけど、帰りの飛行機で読んで。さすがに今日、舞台あいさつなので原作読んでおこうと思って」と告白。「すっごい面白かったです。映画見てからの原作って、内容分かってるんで」と続けて、一同を笑わせていた。

 さらに不思議な美少女・コズエを演じた新音さんに「背、(撮影時から)伸びた?」と聞き、新音さんが「伸びました。いま165(センチ)ぐらいあって……」と答えると、草なぎさんは「もう抜かれちゃうね」と笑いつつ、「おれ最近2センチ伸びたんだよ。40(歳)超えても2センチ伸びるから。あきらめないほうがいいよ」と身長が伸びたことを明かして一同を驚かせていた。舞台あいさつには主演の山崎さん、鶴岡監督も出席した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る