土屋太鳳:志尊淳の年齢を勘違い? 「ヒーローって自分より年上だと…」

映画
映画「バンブルビー」の日本語吹き替え版キャスト公開アフレコに登場した志尊淳さん(左)と土屋太鳳さん

 女優の土屋太鳳さんと俳優の志尊淳さんが21日、東京都内で行われた映画「バンブルビー」(トラビス・ナイト監督、3月22日公開)の日本語吹き替え版キャスト公開アフレコに登場した。

 「バンブルビー」は映画「トランスフォーマー」シリーズの最新作。映画の舞台は、バンブルビーがシリーズ1作目の主人公・サムと出会う以前の1980年代。チャーリーがトランスフォームした生命体を廃品置き場で見つけ、バンブルビー(黄色い蜂)と名付けて……という展開で、バンブルビーが声を失った秘密も描かれる。土屋さんはバンブルビーが地球に来て最初に出会った少女・チャーリーの声を担当。志尊さんはチャーリーに思いを寄せる少年・メモの声優を務める。

 実際の収録は別々に行ったという2人。今回、初めて2人でアフレコに挑戦し、土屋さんは「収録をしているときは私は1人で録(と)って、志尊くんも1人で録って。だから想像しかできなかったんです。今日はご一緒できて、やっと会えたなって、うれしい気持ちでいっぱいです」とコメント。志尊さんは「僕もイメージしていたチャーリーの声と、土屋さんが演じる声がまさしくリンクしたな、っていうのがあって。(実際の収録では)一緒に録ったわけではなかったんですが、土屋さんが声でリードしてくださって、楽しく、やりやすくやらせてもらいました」と振り返った。

 またこの日は、ちょっとドジなバンブルビーにちなんで、2人が“ドジエピソード”を明かした。土屋さんは「私、特撮の作品が好きなんです。で、無条件にヒーローって自分より年上だと思うじゃないですか。志尊さんは戦隊ものをやられていて、だから私より年上だと思っていたんですよ。そしたら同い年で……」と告白。一方で志尊さんは「今日の朝、粉薬を飲もうとして、いつも水を先に口に入れてから(薬を)入れるんですけど、 寝起きで先に粉を入れてしまいまして(笑い)。ゲホッてして、粉のお掃除をしました」と“ドジエピソード”を語っていた。

 イベントでは、ナイト監督、主演のヘイリー・スタインフェルドさんからのメッセージ映像が紹介されたほか、バンブルビーの形を模したスペシャルケーキがサプライズで登場した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る