MANTANWEB(まんたんウェブ)

トレース~科捜研の男~:錦戸亮“月9”初主演作 最終話は11.5% 

テレビ
連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」でヒロインを演じている新木優子さん

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さん主演の“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の最終話が18日に90分スペシャルで放送され、平均視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 「トレース~科捜研の男~」は警視庁科学捜査研究所(科捜研)の元研究員だった古賀慶さんがマンガ誌「月刊コミックゼノン」(ノース・スターズ・ピクチャーズ)に連載中のマンガ「トレース~科捜研法医研究員の追想~」が原作。“月9”初主演の錦戸さん扮(ふん)する科捜研法医科に所属する法医研究員の真野礼二が、難事件を解決に導く姿を描くサスペンスで、科捜研の新人法医研究員の沢口ノンナを新木優子さん、警視庁捜査1課刑事の虎丸良平を船越英一郎さんが演じた。

 最終話は、家族が殺害された「武蔵野一家殺人事件」の真相を追う真野は、兄・義一(倉悠貴さん)の担任だった早川(萩原聖人さん)と、早川の元教え子だった食品会社社長の佐保(袴田吉彦さん)に会いに行く。しかし、佐保はボイラー室のガス爆発に巻き込まれて死んでしまう。佐保の事件に捜査の打ち切り命令が出る中、真野らは、自身の姉の仁美(夏子さん)の交際関係をもう一度洗い直す。得た証言を基に調べていくと「衝撃の名前」が浮かび上がる。その矢先、科捜研に刑事部長の壇(千原ジュニアさん)が視察に訪れる……というストーリーだった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る