尾碕真花:新戦隊「リュウソウジャー」“ピンク”で話題 素顔は「食いしん坊」 “大食漢”エピソードも

アニメ 芸能
「騎士竜戦隊リュウソウジャー」でリュウソウピンク/アスナ役を務める尾碕真花さん

 17日にスタートしたスーパー戦隊シリーズの第43作「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)で、ヒロインのリュウソウピンク/アスナ役を務めるのが女優の尾碕真花(おさき・いちか)さんだ。この春、高校を卒業したばかりの18歳で、早くも「ピンクの子が可愛い」と話題に。また「アスナの愛嬌(あいきょう)、他者から愛される要素、明るくて天真爛漫(らんまん)なところというのは、普段の私にも身についてくれたらいいなって。見習いたい部分です」と話すなど、リュウソウピンク/アスナ役でさらなる女子力アップ(?)を狙う尾碕さんの素顔とは……。

 ◇1万円のバッグより「1万円分の焼き肉」 ステーキ450グラムも“ペロリ”と…

 尾碕さんは2000年12月2日生まれ、高知県出身の18歳。12年にタレント事務所「オスカープロモーション」が開催した「第13回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞。18年までガールズユニット「X(エックス)21」のメンバーとして活動。同年12月から放送された連続ドラマ「さくらの親子丼2」(東海テレビ・フジテレビ系)では、母親の借金返済のため風俗店で無理やり働かされる藤島玲奈役を演じるなど、これからの活躍が期待される新鋭女優だ。

 その素顔は食いしん坊で、「誕生日のプレゼントとかで1万円のバッグをもらうより、1万円分の焼き肉を食べさせてもらった方がうれしいくらい」というほど。さらに「中学3年のとき、おすし屋さんで25皿、50貫食べたことはありましたね(笑い)。最近も、夜にステーキを食べに行ったんですけど、450グラムを完食して(笑い)。腹八分目いかなかったので、たぶん600グラムいけるんじゃないかなって」と笑顔で明かしていて、“大食漢”エピソードは事欠かさない。

 演じるアスナの公式プロフィルにある「食いしん坊」という部分も、実は尾碕さんが由来。「作品に入る前にプロデューサーさんや作家さんとご飯に行ったとき、私が食べるの好きだって話をしたら、もともとあったアスナのキャラによく食べるっていう要素が加わって、ドラマの中でも結構食べています」とアピール。「現場でもよく食べるので、監督さんやスタッフさんには『今はいいけど、それ以上、太らないでね』ってよく言われています」と笑っていた。

 ◇アクションに苦戦も「できないことの多さ」が演じることの楽しさに

 スーパー戦隊といえばアクションが付きもの。「私、本当にセンスなくて。自分ではできる方だと勝手に思っていたんですけど、すでに苦戦しています」と苦笑い。「運動神経は決して悪い方とは思ってなかったので、早くも壁にぶつかっている感じですね。見ているのと実際にやってみるのでは全然違っていて。スーツアクターさんは簡単に手本を見せてくださるんですが、私もできると思ってやってみるとやっぱりうまくできなくて……。体に剣をぶつけてしまうことも多くて、結構アザを作っています」と反省しきり。

 一方で「できないことの多さ」こそが、演じることの楽しさにもなっているようで、「できないことが一つ一つできるようになっていく、その課程が楽しくて。できなかったことができるようになったときの充実感は何ものにも代え難い」ときっぱり。さらに「普段できないことをやらせてもらえる、普段の自分ではない自分にもなれるっていうのもやっぱり楽しい。だってヒーローになれることってないじゃないですか? そういった意味での楽しさってやっぱりありますよね、演じるって」とうれしそうに話す。

 ◇吹き替えにも責任感 「一つ一つを“こなす”じゃなくて“大切に”」

 特撮ドラマのキャストにとって、吹き替えも大事な仕事だが、「これも初めての経験で、壁にぶつかっている状態。まだ自分の中でしっくりきていない」と手応えを感じるにはほど遠い様子。「自分の中では120%、そのくらい全力でやっているつもりなんですけど、いざ出来上がったものを見ると30%くらいしか表現できていない。スーツアクターさんの動きを生かさなくてはいけないっていう責任が私にはあるので、そこはもっとしっかりとやらなくてはいけないなって思います」と歯がゆい思いも。

 そんな尾碕さんだが、「特撮のお仕事は本当にいろいろなことを経験させていただけるので、演技はもちろんアクションやアフレコと、一つ一つ身につけていきたいですし、1年半の撮影を終えたとき、そこから先のお仕事にもつながるように、しっかりと有意義に時間を使っていかないともったいないなって思っています」と前向き。「女優としてはもちろん、一人の人間としても成長できるよう、一つ一つを“こなす”じゃなくて“大切に”、頑張っていけたらなって思っています」と意気込んでいた。

 「騎士竜戦隊リュウソウジャー」は、強さを象徴する「恐竜」と正義の象徴「騎士」がモチーフの新戦隊で、いにしえより続くリュウソウ族とドルイドン族との地球の存亡を懸けた戦いが描かれる。リュウソウジャーとはリュウソウ族の中から選ばれし、5人の騎士。リュウソウレッド、リュウソウブルー、リュウソウピンク、リュウソウグリーン、リュウソウブラックにはそれぞれ相棒となる恐竜「騎士竜」が存在し、「騎士竜」のパワーを秘めたアイテム「リュウソウル」を使って“竜装”し、悪に立ち向かう……という内容。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る