MANTANWEB(まんたんウェブ)

宮野真守:梶裕貴と山崎賢人の仲良しエピソードに嫉妬? 「ごはん食べに行くんだ…」

アニメ
アニメ展示会「AnimeJapan(アニメジャパン) 2019」のステージイベントに登場した宮野真守さん

 ゲーム「妖怪ウォッチ」などで知られるレベルファイブの人気ゲームの劇場版アニメ「二ノ国」(百瀬義行監督)で声優を務める宮野真守さんが23日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中のアニメ展示会「AnimeJapan(アニメジャパン) 2019」の同作のステージイベントに梶裕貴さん、レベルファイブの日野晃博社長と登場した。

 同作は主人公・ユウの声を俳優の山崎賢人さんが務めることが明かされており、梶さんは「(山崎さんと)いつか共演したいねと話をしていて。『二ノ国』でかなってうれしかった」と笑顔。日野社長から「仲いいんですよね」と聞かれた梶さんが「そうですね、食事に行かせていただいたり」と答えると、宮野さんは「ごはん食べに、行くんだ……」とつぶやき、「その絵面、すごいね。超かわいいじゃん。同席させてくれよ!」と頼み込み、会場を笑わせていた。

 梶さんは山崎さんについて「アフレコ初挑戦なので、すごく不安がっていて。『現場にいてくださいよ』と言われたんですけど、僕、そのとき出演が決まっていなかったので……」とエピソードを紹介。日野社長が「山崎さん、本当に梶さんを頼りにしていますからね。『収録も一緒にしたい』と(言っていた)」と明かすと、宮野さんは「分かりました」と梶さんに成り代わって即答。「賢人を支えましょう、僕らで」と冗談めかして語り、場を盛り上げていた。

 イベントでは同作の声優オーディション合格者も発表され、合格した水瀬遥さん、せりしゅんさんも登場した。

 アニメは、主人公の高校生のユウが暮らす現実世界・一ノ国と、その隣り合わせにある魔法世界・二ノ国が舞台。宮野さんは二ノ国のエスタバニア王国の参謀・ヨキ、梶さんは二ノ国のパンダのような柄の妖精族・ダンパを演じる。

 「二ノ国」は、レベルファイブが手掛ける人気RPGシリーズ。劇場版アニメは、高校生のユウと親友のハルが幼なじみのコトナを巡る事件をきっかけに二つの世界を行き来する……というストーリー。製作総指揮と原案・脚本を日野社長が担当し、音楽は久石譲さんが手掛けて、OLMが製作する。19年夏に公開予定。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る