MANTANWEB(まんたんウェブ)

悠木碧:土屋太鳳の“言葉”に「まじかー!」と喜び 「興行収入増やしたい」とバンブルビー愛も

アニメ 映画
映画「バンブルビー」の公開記念舞台あいさつに登場した(左から)濱野大輝さん、悠木碧さん、志尊淳さん、土屋太鳳さん、木村良平さん、土屋神葉さん

 声優の悠木碧さんが23日、東京都内で開かれた映画「バンブルビー」(トラビス・ナイト監督)の公開記念舞台あいさつに、女優の土屋太鳳さんらと登場。同作で主人公のチャーリーの声を演じた土屋さんが「私が初めて声の演技をやらせていただいたときに、ご一緒させていただいた。(私が)舞台や映像で悩んでいたときに、悠木さんの作品を拝見して乗り越えてきた。今回も、チャーリーを演じるときに悠木さんの声を参考にしました」と明かすと、悠木さんは「まじかー! よせやい。うれしいです!」と喜んだ。

 「バンブルビー」は、映画「トランスフォーマー」シリーズの最新作。同シリーズに登場してきたバンブルビーが大好きだったという悠木さんは「自分が関わる前に、作品になるって聞いて、自分が好きな推し(キャラ)がスピンオフになるなんてすごいと思っていた。関われるだけでありがたい。空いている時間を見つけて、何回も映画館に来て、興行収入を増やしたいと思います!」と“バンブルビー愛”を爆発させていた。

 最新作は、バンブルビーがシリーズ1作目で主人公サムと出会う前の1980年代が舞台。チャーリーがトランスフォームした生命体を廃品置き場で見つけ、バンブルビー(黄色い蜂)と名付ける……という展開で、バンブルビーが声を失った秘密も明かされる。

 舞台あいさつには、日本語吹き替えを担当した悠木さん、土屋太鳳さんのほか、志尊淳さん、木村良平さん、濱野大輝さん、土屋神葉(しんば)さんも出席した。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る