MANTANWEB(まんたんウェブ)

斉藤壮馬:「KING OF PRISM」で「オバレの思いを受け継ぐ」 即興のプリズムアフレコも

アニメ
「AnimeJapan 2019」で開催された「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」のイベントに登場した斉藤壮馬さん

 人気アニメ「KING OF PRISM」(キンプリ)シリーズの新作「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」のイベントが24日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された「AnimeJapan(アニメジャパン) 2019」で行われ、太刀花ユキノジョウ役の斉藤壮馬さんら声優陣が登場した。新作はユキノジョウの担当回から始まり、ユキノジョウのプリズムショーがトップバッターを飾る。斉藤さんは「オバレ(Over The Rainbow)の皆さんから思いを受け継いでと言いますか、その思いがある中で、ユキノジョウが先に飛ぶというのが、ここで中途半端なことはできないなと思いましたし、みんなに“思い”のバトンを繋いでいくということで、全力でやらなければいけないなと思いました」と、当時の心境を語った。

 この日のイベントは、テレビアニメ版がテレビ東京ほかで4月8日から放送されるのを記念して行われたもので、寺島惇太さん、畠中祐さん、八代拓さん、五十嵐雅さん、永塚拓馬さん、内田雄馬さんも登場。イベントで、キンプリの代名詞といえる「プリズムアフレコ」について話が及ぶと、五十嵐さんが身ぶり手ぶりを交えて説明。その場で即興のプリズムアフレコを行う流れとなり、寺島さんの「せーの」というかけ声に合わせた観客からの「はい、ソフトクリーム」という言葉に、キャスト陣が「あーん」と答えるプリズムアフレコが披露された。最後は、キンプリ恒例のカウントダウン「エーデルローズ! ミュージック! レディースパーキング!」で幕を閉じた。

 「キンプリ」は、2013年4月~14年3月に放送された女児向けテレビアニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」のスピンオフ。神浜コウジ、速水ヒロ、仁科カヅキたちの、歌とショーに懸けるひたむきな姿を描いている。16年に「KING OF PRISM by PrettyRhythm」、17年に「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」が公開された。今回のテレビアニメ放送に先駆けて、「Iプロローグ×ユキノジョウ×タイガ」、「II カケル×ジョージ×ミナト」、「III レオ×ユウ×アレク」、「IV ルヰ×シン×Unknown」と、3話ごと全4章の劇場編集版が3月2日から順次上映されている。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る