黒沢ともよ:「響け!ユーフォニアム」新作は演奏が「感動的」 「3年生もやりたい!」と続編熱望

アニメ「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」の完成披露舞台あいさつの様子(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
1 / 4
アニメ「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」の完成披露舞台あいさつの様子(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

 吹奏楽がテーマのアニメ「響け!ユーフォニアム」の新作劇場版「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」(石原立也監督、19日公開)の完成披露上映会が5日、有楽町朝日ホール(東京都千代田区)で開催され、声優の黒沢ともよさんが登場した。主人公で北宇治高校の吹奏楽部の黄前久美子を演じる黒沢さんは、劇場版の見どころを「やっぱり演奏がすべて! すべてがここに詰まっているというほど感動的です」と語った。

 また、劇場版のアフレコについて「すごく楽しかった。過去一(番)楽しかった!」とコメント。塚本秀一役の石谷春貴さんは、黒沢さんについて「盛り上げてくれて、みんなが一つにまとまっていました。座長感がありました」と絶賛した。

 2015年にスタートしたテレビアニメ第1期で1年生だった久美子は新作で2年生になった。黒沢さんは「始まった時はまさか2年生もできるとは思ってませんでした。3年生もやりたい!」とさらなる続編を熱望した。

 試写会には、加藤葉月役の朝井彩加さん、高坂麗奈役の安済知佳さん、久石奏役の雨宮天さん、鈴木美玲役の七瀬彩夏さん、鈴木さつき役の久野美咲さん、月永求役の土屋神葉さん、石原監督も登壇した。

 「響け!ユーフォニアム」は、武田綾乃さんの小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ」(宝島社)が原作のアニメで、「けいおん!」などの京都アニメーションが制作。北宇治高校の吹奏楽部を舞台に、新たに赴任した顧問の滝昇の厳しい指導の下、ユーフォニアム担当の黄前久美子ら吹奏楽部員が成長する姿が描かれている。テレビアニメ第1期が15年4~6月に、第2期が16年10~12月に放送された。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画