名探偵コナン:劇場版「紺青の拳」が「アベンジャーズ」最新作とコラボ 声優・高山みなみと藤原啓治の“タッグ”映像も

アニメ 映画
映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」のビジュアル(左)と劇場版アニメ「名探偵コナン 紺青の拳」の特別ビジュアル (C)Marvel Studios 2019 (C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 劇場版アニメ「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」(永岡智佳監督、12日公開)と、米マーベル・スタジオ製作の映画「アベンジャーズ」シリーズの最新作「アベンジャーズ/エンドゲーム」(アンソニー・ルッソ監督、ジョー・ルッソ監督、26日公開)がコラボすることが8日、分かった。

 コラボでは、「アベンジャーズ/エンドゲーム」のポスタービジュアルとリンクした「名探偵コナン 紺青の拳」の特別ビジュアルが公開されたほか、「名探偵コナン」の江戸川コナンの声優を務める高山みなみさんと、「アベンジャーズ/エンドゲーム」の日本語吹き替え版でアイアンマンを演じる藤原啓治さんがタッグを組み、リレーでナレーションをするスペシャル映像がディズニー・スタジオの公式YouTubeチャンネルで公開された。

 高山さんは「光栄です! まさかアベンジャーズと、いろいろ飛び越えちゃったコラボができるなんて! まさに掟(おきて)破りのタッグですね! 不思議なストーリーの共鳴に、ドキドキがドキドキを呼び爆発しそうです。アベンジャーズもコナンもヒーローぞろい。それも、絶体絶命の危機を乗り越えていける、映画を盛り上げていけるヒーローたちです。新しい時代のGW(ゴールデンウイーク)は、映画館でこのヒーローたちのパワーをチャージしてくださいね!」とコメント。

 藤原さんは「同時期に公開される作品は本来ならライバル関係ともいうべき存在のはずなんですが、海を越えタッグを組んでGWの映画界を盛り上げていくということで大いに期待しています。名探偵コナンに敬意を表しつつ、アベンジャーズもガンガン盛り上がってほしいですね!」と語っている。

 「名探偵コナン 紺青の拳」は、青山剛昌さんのマンガが原作の人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版アニメ23作目。シンガポールが舞台で、コナンの宿命のライバルである怪盗キッドがメインキャラクターとして登場するほか、“最強の空手家”の京極真(まこと)が劇場版に初登場。19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大の宝石ブルーサファイア“紺青の拳”を巡り、コナンと怪盗キッドが、リゾートホテル「マリーナベイ・サンズ」で起きた殺人事件やシンガポールの巨大な陰謀に巻き込まれていく……というストーリー。

 「アベンジャーズ/エンドゲーム」は、「アベンジャーズ」シリーズ第4弾で、今回が完結編となる。最強チーム・アベンジャーズが、最凶最悪の敵・サノスに敗北した後の世界が描かれる。残されたアイアンマンをはじめとするヒーローたちはもう一度集結し、サノスに立ち向かうため、世界を救うために最後にして史上最大の戦いに挑む……というストーリー。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る