KING OF PRISM:新作「Shiny Seven Stars」が興収2億円突破 13万人動員

アニメ「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」のビジュアル(C)T-ARTS/syn Sophia/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ/キングオブプリズムSSS製作委員会
1 / 1
アニメ「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」のビジュアル(C)T-ARTS/syn Sophia/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ/キングオブプリズムSSS製作委員会

 人気アニメ「KING OF PRISM」(キンプリ)シリーズの新作「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」の興行収入が2億円を突破したことが9日、明らかになった。同作は第1章「I プロローグ×ユキノジョウ×タイガ」が3月2日から32館で公開され、興行収入が約1億2000万円、観客動員数が約7万人を記録。23日に公開された第2章「II カケル×ジョージ×ミナト」と合わせて興行収入が2億円、動員数が13万人を突破した。

 「キンプリ」は、2013年4月~14年3月に放送された女児向けテレビアニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」のスピンオフで、男性キャラクターの神浜コウジ、速水ヒロ、仁科カヅキたちの歌とショーに懸けるひたむきな姿を描いている。16年に「KING OF PRISM by PrettyRhythm」、17年に「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」が公開された。

 新作「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」のテレビアニメ版が放送中で、3話ごと全4編の劇場編集版が上映されている。第3章「III レオ×ユウ×アレク」が13日、第4章「IV ルヰ×シン×Unknown」が5月4日に上映される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る