鈴木愛理:人生初の始球式で美しいフォーム披露 ノーバンならず「また投げたい」

ファーストピッチセレモニーに登場した鈴木愛理さん
1 / 5
ファーストピッチセレモニーに登場した鈴木愛理さん

 元「℃-ute(キュート)」の鈴木愛理さんが5日、ZOZOマリンスタジアム(千葉市美浜区)で開催された千葉ロッテマリーンズ対北海道日本ハムファイターズ戦のファーストピッチセレモニーに登場。人生初の始球式に挑戦した鈴木さんは、左足を高々と上げる美しい投球フォームを披露。ホームベース手前でワンバウンドしたものの、真っすぐ捕手に届く投球で球場に集まった観客から歓声が上がった。

 始球式を終えた鈴木さんは「もともと球技がすごく苦手なので、始球式のお話をいただいたときに『これは大変だ!』と思いました。ゴールデンウイークは始球式のことばかり考えて一生懸命練習してきたので、真っすぐ投げることができて良かったです。あとは(千葉ロッテマリーンズ所属のブランドン・)レアード選手の“すしポーズ”を忘れずにやれて大満足です!」とにっこり。

 始球式の点数は「50点くらい!」で、「いろいろな人の始球式の動画を見てきたので、それに比べるとまだまだだと思っています。ここまでくるとノーバウンドで届かせたいので、またチャンスがあったら投げてみたいです!」と意欲を見せていた。

写真を見る全 5 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る