MANTANWEB(まんたんウェブ)

横浜流星:ラップを生披露「彗星のごとく現れた流星」 浅香航大と熱いハグも!

ブック 映画
映画「チア男子!!」の初日舞台あいさつに登場した浅香航大さん(左)と横浜流星さん

 俳優の横浜流星さんが10日、東京都内で行われた映画「チア男子!!」(風間太樹監督)の初日舞台あいさつに登場した。撮影中、キャストの間でラップがはやったことが明かされると、横浜さんは周囲からリクエストされ、「俺は流星、彗星(すいせい)のごとく現れた流星、きょうの空は快晴、みんなに『チア男子』見てもらいたいぜ」と即興でラップを披露し、観客を沸かせた。

 男子チアチームを舞台にした作品で、キャストはチア合宿に参加。同世代が多く、すぐに仲が深まったようで、瀬戸利樹さんは「みんなで泊まり込みで寝たり、一緒にお風呂入ったり。この映画で青春を味わえた」と話し、岩谷翔吾さんも「他愛もない話をして絆が深まった」と笑顔で振り返った。

 横浜さんは撮影中に大けがをし、撮影が一時中断する事態となった。浅香航大さんは「悔し涙をためている姿は忘れもしない。それでも彼は自分の力でやりたいと言って、けがしたパンパンの手をかばって痛みがある中、差し替えなしで自分の力でやりきった。その姿は本当にカッコよかった、頑張った」と労うと、横浜さんは「こちらこそありがとう。浅香さんの存在は僕だけでなく、みんなにとって心強かった」と感謝を伝え、2人は熱い抱擁を交わしていた。

 同作は、「桐島、部活やめるってよ」「何者」などで知られる直木賞作家の朝井リョウさんの小説が原作。朝井さんの母校・早稲田大学の男子チアチーム「SHOCKERS」をモデルに、けがのため柔道をやめた坂東晴希(横浜さん)と、晴希の親友・橋本一馬(中尾暢樹さん)が男子チアチームの結成を目指して奮闘する姿を描く。

 舞台あいさつには中尾さん、菅原健さん、小平大智さん、風間監督も登場。主題歌「君の唄(キミノウタ)」を歌う、シンガー・ソングライターの阿部真央さんも出席し、主題歌を生歌唱した。最後には用意された三つのくす玉を全員で割り、封切りを祝った。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る