MANTANWEB(まんたんウェブ)

小手伸也:ブレークして「生活が激変」 今後も「シンデレラの道を登りたい」

映画
映画「コンフィデンスマンJP」初日舞台あいさつに登場した小手伸也さん

 俳優の小手伸也さんが17日、東京都内で行われた映画「コンフィデンスマンJP」(田中亮監督)の初日舞台あいさつに登場。昨年放送されたドラマ版で、ブレークを果たした小手さんは、「この1年で僕の生活が激変したんです。急激にバラエティーに呼んでもらえたり、こういう場に立たせていただいたり。この作品でこの役柄に出会えて、大きな一歩を踏み出すことになったので、2歩、3歩と、シンデレラの道を登っていきたいです」と語っていた。

 舞台あいさつには長澤まさみさん、東出昌大さん、小日向文世さん、織田梨沙さん、竹内結子さん、三浦春馬さん、江口洋介さん、田中監督も登場。東出さんが、小手さんの“シンデレラぶり”について言及すると、長澤さんは「私も(東宝)シンデレラなんだ。でもいいよ、譲るよ」とジョークを飛ばし、周囲を笑わせていた。

 「コンフィデンスマンJP」は、2018年4月期にフジテレビ系“月9”枠で放送された連続ドラマの映画版。信用詐欺師(=コンフィデンスマン)のダー子(長澤さん)とボクちゃん(東出さん)、リチャード(小日向さん)が、さまざまな業界を舞台に、壮大かつ奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る……という“痛快エンターテインメントコメディー”。映画版は香港を舞台にし、脚本は、ドラマ版に続いて古沢良太さんが担当している。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る