MANTANWEB(まんたんウェブ)

佐野勇斗:“恩師”の手紙に涙止まらず 眞栄田郷敦&山田杏奈も感涙

映画
映画「小さな恋のうた」の公開記念舞台あいさつに登場した佐野勇斗さん

 ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さんが25日、東京都内で行われた映画「小さな恋のうた」(橋本光二郎監督)の公開記念舞台あいさつに、共演の森永悠希さん、眞栄田郷敦さん、鈴木仁さん、山田杏奈さんらと登場した。映画は3人組バンド「MONGOL800」(モンパチ)の同名曲を基に映画化した作品で、モンパチのサポートメンバーで佐野さんらキャストの楽器指導を務めた宮内陽輔さんからの手紙が読み上げられ、佐野さん、眞栄田さん、山田さんが思わず涙する一幕があった。

 舞台あいさつの終盤、司会者から「みんな本当によく頑張ってくれました。最後までついて(きて)くれてありがとう。僕からは超特大の花丸を送りたいと思います」と陽輔さんの手紙が読み上げられた。“恩師”からの言葉に、佐野さんは「陽輔さんは、僕らのすごい大きな存在で……」と語り始めたものの、涙が止まらず声が途切れ途切れに。「陽輔さんがいるからこそ、頑張ろうって思えたし……。大変なことも多かったですけど、すごいぶつかったこともあったし……」と絞り出すように感謝を語ると、隣に立つ森永さんが「そうだよね、そういう気持ちになっちゃうよね」とほほ笑みながらフォローしていた。

 映画は、沖縄の小さな町で人気を集めていたある高校生バンドが、東京のレーベルからスカウトを受けてプロデビューを決めるが、喜びの絶頂で盛り上がる彼らに1台の車が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまう。そこに現れた1曲のデモテープと米軍基地に住む一人の少女。それらによって、止まった時計の針は前に進み始める……というストーリー。

 佐野さんは主人公のボーカル担当・真栄城亮多、亮多のバンド仲間でドラム担当の池原航太郎を森永さん、唯一の女性バンドメンバーである譜久村舞を山田さん、舞の兄で亮多の親友の譜久村慎司を眞栄田さん、バンド仲間で苦渋の選択をするベース担当の新里大輝を鈴木さんが演じた。舞台あいさつにはトミコ・クレアさん、橋本監督も出席した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る