MANTANWEB(まんたんウェブ)

乃木坂46:選抜メンバーが横アリライブ 齋藤飛鳥「変化が大きい時期」

アイドル
「乃木坂46 23rd シングル『Sing Out!』発売記念 ~選抜ライブ~」の様子

 アイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥さんが26日、横浜アリーナ(横浜市港北区)で行われた23枚目のシングル「Sing Out!」の発売記念ライブ「乃木坂46 23rd シングル『Sing Out!』発売記念 ~選抜ライブ~」に登場。この日は斉藤優里さん、伊藤かりんさんのラストステージとなるなど、卒業が相次いでいる同グループ。齋藤さんは「乃木坂って今、変化が大きい時期だなと、みなさんも感じていると思う。変化って終わりがないもの。それを悲しく思う方もいるかもしれないけれど、私はこのグループの人たちは案外、変化にも耐えうる人たちなんじゃないかなと感じています。あまり不安はないです。もちろん我々の中には、変わらない大切なものがずっとある」とファンに語りかけ、その気持ちを込めた曲として「君の名は希望」をメンバーで歌い上げた。

 同グループが横浜アリーナで単独公演を行うのは約5年ぶり。ライブは24~26日の3日間にわたって開催され、アンダー、4期生、選抜と分かれて公演を行った。最終日の「選抜ライブ」は、23枚目のシングル選抜メンバー22人と、斉藤さん、伊藤さんを含めた総勢24人が参加。齋藤さんが21stシングル「ジコチューで行こう!」以来2作ぶり、4回目のセンターを務める「Sing Out!」を含む25曲を披露した。アンコールは「Sing Out!」の振り付けレクチャーに始まり、斉藤さんが初のセンターを務めた思い出の曲「13日の金曜日」もファンと一体となって歌唱。熱いステージで1万5000人のファンを沸かせた。

 伊藤さんは、松村沙友理さん率いる「さゆりんご軍団」の一員として「白米様」「さゆりんご募集中」の2曲を披露。「手紙を書いてきた」という松村さんから、「『乃木坂』は卒業しても『さゆりんご軍団』は卒業しないでください! 私たちにはかりんちゃんが必要です」と愛情あふれるお願いをされると、伊藤さんは「私も抜ける気はないし、『さゆりんご軍団』の武道館の夢は諦めない」と涙をこらえながら、サービスたっぷりに宣言。会場から大歓声を浴びた。

 また斉藤さんは「メンバーやかわいい後輩、ファンのみなさまに恵まれ、大好きなアイドルになれたことが幸せです。また笑って会いましょう!」とメンバーとファンに感謝を伝えて、涙。「みなさんと過ごした時間は絶対に忘れません!」とステージを後にしたが、ファンからの「ゆったーん!」との歓声が鳴り止まず、ダブルアンコールに応える場面も。ダブルアンコールでは「ハウス!」が歌われ、斉藤さんは「横アリのみんなー! ハッピー! バイバーイ!」と目に涙をためながらも、大きな笑顔であいさつした。

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る