MANTANWEB(まんたんウェブ)

松坂桃李:まさかの曜日間違え「日曜日ですよね?」 天然発言に観客沸く

ブック 映画
時代劇映画「居眠り磐音」の“大入り”御礼舞台あいさつに登場した松坂桃李さん

 俳優の松坂桃李さんが29日、東京都内で行われた主演映画「居眠り磐音(いわね)」(本木克英監督)の“大入り”御礼舞台あいさつに登場した。松坂さんは、「皆さん本日は日曜日に……」とあいさつを始めると、周囲の微妙な空気を感じて、「日曜日ですよね? あれ違う?」と天然発言で観客を沸かせた。司会から水曜日と言われ、「水曜日!? この仕事をしていると、本当に曜日の感覚がなくなるんですけど。大変失礼しました」と照れ笑いを浮かべていた。

 舞台あいさつ前には、本木監督とともに劇場入り口でファンをサプライズで出迎えた松坂さんは、「直接、一人一人の方に感謝の言葉を言えるというのは改めていいなと思った」とコメント。さらに、「こういう機会って本当にないので、相手の方の目を見て、ちゃんとそういう(感謝の)言葉を言えるのは、いい機会、貴重な機会だなと思いました」と感慨深げだった。

 また作品にちなみ、仕事相談を観客から受ける企画では、女性ファンから「松坂さんが好きすぎて(仕事中)頭が異次元にいってしまう。どうしたらいいでしょうか」と聞かれ、「うーん……そうですね。僕も仕事の時は、好きなアニメだったりマンガのことだったりとか、どうなんだろうとなったりもします。そのどうしよう、楽しみだなというのを原動力に変える作業というか、これが終わったらアニメを見よう、これが終わったらコンビニに(週刊少年)ジャンプを買いに行こうみたいに変換をすると、より一層、目の前の仕事に対して集中して、あっという間に時が過ぎ去るのでは」とアドバイスを送っていた。舞台あいさつには、木村文乃さんも出席した。

 映画は、佐伯泰英さんの“平成で最も売れている時代小説”シリーズが原作。江戸勤番を終え、豊後関前藩に3年ぶりに戻った坂崎磐音(松坂さん)と幼なじみの小林琴平(柄本佑さん)、河出慎之輔(杉野遥亮さん)。琴平の妹・舞(宮下かな子さん)は慎之輔に嫁いでおり、磐音は琴平と舞の妹・奈緒(芳根京子さん)との祝言を控えていた。そんな中、慎之輔が「舞が不貞を犯した」といううわさを聞き、舞を斬る。激高した琴平は慎之輔を斬り、磐音は琴平を討ち取るよう命じられる。琴平を討ち取った磐音は脱藩し、江戸で浪人として暮らし始めた。江戸でうなぎ割きや両替商・今津屋の用心棒の仕事をしていた磐音だったが、今津屋が騒動に巻き込まれ、用心棒として立ち上がる……という展開。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る