キンプリ永瀬廉:カレーライスは「ルーだけ先に食べる」 珍食事スタイルに会場どよめき

映画
映画「うちの執事が言うことには」の御礼舞台あいさつに登場した(左から)神宮寺勇太さん、永瀬廉さん、清原翔さん映画「うちの執事が言うことには」の御礼舞台あいさつに登場した(左から)神宮寺勇太さん、永瀬廉さん、清原翔さん、久万真路監督

 アイドルグループ「King&Prince」(キンプリ)の永瀬廉(れん)さんが30日、東京都内で行われた映画「うちの執事が言うことには」(久万真路監督、公開中)の御礼舞台あいさつに出席。「白いごはんが好き。なのでカレーライスを頼むときは全部ルーだけ先に食べます」と珍しい食事スタイルを明かし、会場のファンを驚かせた。

 永瀬さんは「先にルーを食べると、お皿の周りにちょっとルーが付くじゃないですか。それにスプーンですくったご飯をつけて食べるのがめちゃめちゃ好き。やったほうがいいですよ。ほんまにおいしいので!」とこだわりを熱弁。ファンが「え~」とどよめくと、同じグループの神宮寺勇太さんは「この食べ方は、本当。ガチでやっている」と苦笑混じりに明かしていた。

 また、この日は同作品で最後の舞台あいさつとなることから、互いに感謝の気持ちを伝え合うコーナーが設けられ、神宮寺さんが「翔くんはいろいろサポートしてくれた。ありがたい気持ちでいっぱい」と清原翔さんに感謝。続けてハグをしようと近づいたが、抱き合う寸前で永瀬さんが割り込み。永瀬さんと神宮寺さんが熱い抱擁を交わすことになり、キンプリファンから悲鳴のような歓声が上がった。

 映画は、高里椎奈さんのミステリー小説(角川文庫)が原作。名門・烏丸家の若き当主・烏丸花穎(永瀬さん)と仏頂面の執事・衣更月蒼馬(清原さん)は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる……というストーリー。舞台あいさつには久万監督も登壇した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る