MANTANWEB(まんたんウェブ)

ドラゴンクエスト:日本中がドラクエに… スマホ向け新作「ドラゴンクエスト ウォーク」は“位置ゲー”

ゲーム
公開されたドラゴンクエスト ウォーク」のゲーム画面

 人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズのスマートフォン向け新作ゲーム「ドラゴンクエスト ウォーク」が2019年内にリリースされることが6月3日、明らかになった。位置情報を活用し、街中で遭遇したモンスターを倒し、レベルを上げることなどができる。「白猫プロジェクト」などで知られる「コロプラ」との共同開発となる。ベータ版体験会が関東地区限定で11日から開催され、iOSとアンドロイドで各1万人が参加できる。

 ゲームは、「目的地」「ランドマーク」「自宅」の三つのシステムを盛り込んでいるのが特徴。自ら設定した「目的地」にたどり着くと、ダンジョンなどのイベントが発生。クリアすると、新たなストーリーが解放されていく。全都道府県に「ランドマーク」があり、東京タワー、金閣寺、伊達政宗像、守礼門など実在のランドマークがゲーム内に登場。特別なクエストを遊ぶこともできる。さらに地図上に「自宅」を設定すると、さまざまな家具を置いたり、帰宅してボーナスをもらうことができるようになるという。

 同日、東京都で発表会が開催され、シリーズの“生みの親”である堀井雄二さん、三宅有エグゼクティブプロデューサー、柴貴正プロデューサー、お笑いコンビ「スピードワゴン」の小沢一敬さんが出席。ゲームをいち早く体験した小沢さんは「ゲームのフィールドに立っているみたい」「歩くことが苦手な年なんですけど、歩くのが楽しくなりました」と感激していた。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る