池田エライザ:風疹から復帰で感無量 「柄にもなくちょっと泣いちゃいそう」

映画
映画「貞子」の大ヒット御礼舞台あいさつに登場した池田エライザさん

 女優の池田エライザさんが6月4日、東京都内で行われた主演映画「貞子」(中田秀夫監督)の大ヒット御礼舞台あいさつに登場。池田さんは風疹(ふうしん)のため、5月20日と25日の今作の舞台あいさつを欠席したが、この日は元気な姿を見せ、「伝えたいことはいっぱいあって、でも言っちゃうと柄にもなくちょっと泣いちゃいそう。皆さまに感謝していますということだけお伝えさせてください」と深々と頭を下げ、感謝の言葉を口にした。

 池田さんは、初日回りの舞台あいさつに欠席したことを「悔しかったー! 本当に悔しかったです」と本音をもらし、「ニュースで見たのですが、弟を演じてくださった(清水)尋也さんや佐藤仁美さんがすごくいじってくださって(笑い)。私のパネルが当日、舞台上にあったと思うんですけど、尋也さんが担いでくださったのかな。私が担がれている写真があって本当にありがたいなと思いました」とうれしそうに話した。観客から拍手が起こると、「ただいま~」と手を振っていた。

 途中、中田監督からの手紙が読まれると、池田さんは「監督ありがとう。やっと親子げんかが終わったときのような(気持ち)。照れますね」と話すも、「『私はこうやりたい』『俺はこうやりたい』というのが(互いに)常にあったけど、それが楽しくて。女優業を頑張れているという瞬間を感じさせてくれる監督と出会えたことは幸せ。またよろしくお願いします」と再タッグを望んでいた。

 映画は、ホラー映画「リング」シリーズの最新作。病院で心理カウンセラーとして働く茉優(池田さん)が、警察によって保護された一人の少女を担当することになり、一切の記憶をなくし、自分の名前すら言えない少女と向き合うが、次第に周囲で奇妙な出来事が起こり始める。一方、ウェブマーケティング会社に勤める祐介(塚本高史さん)の勧めで、YouTuberとなった茉優の弟・和真(清水さん)は、再生回数の獲得に焦るあまり、心霊動画を撮ろうと死者5人を出したある団地の火事跡に忍び込むが……というストーリー。「リング」(1998年)と「リング2」(99年)に出演した佐藤さんが当時と同じ役柄で出演している。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る