MANTANWEB(まんたんウェブ)

長澤まさみ:主演映画「コンフィデンスマンJP」第2弾製作決定 コスプレは「男装」希望

映画 テレビ
映画「コンフィデンスマンJP」の大ヒット御礼舞台あいさつに登場した長澤まさみさん

 女優の長澤まさみさんが6月6日、東京都内で行われた主演映画「コンフィデンスマンJP」(田中亮監督)の大ヒット御礼舞台あいさつにサプライズで登場。イベントでは映画の第2弾の製作が発表され、「とてもうれしいです。この作品に満足してくれている方がたくさんいることを実感していました。また、頑張って撮影したいと思います」と喜びと意気込みを語った。

 舞台あいさつには、東出昌大さん、小日向文世さん、小手伸也さん、田中監督も出席。次回作で挑戦したいコスプレを聞かれると、長澤さんは「男装をしていないので、良いなって」と笑顔で回答。同じ質問に対して、東出さんは「女装」、小日向さんも「宇宙人の役。物を浮かせたり、形は人間なの」と楽しそうに語った。小手さんも「女装」と答えたものの、長澤さんから「今、やってよ!」とむちゃぶりされ、困惑していた。

 「コンフィデンスマンJP」は、2018年4月期にフジテレビ系“月9”枠で放送された連続ドラマの映画版。信用詐欺師のダー子(長澤さん)とボクちゃん(東出さん)、リチャード(小日向さん)が、さまざまな業界を舞台に、壮大かつ奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る……という“痛快エンターテインメントコメディー”。映画版は香港を舞台にし、脚本は、ドラマ版に続いて古沢良太さんが担当。映画は5月17日に封切られ、公開21日目で、観客動員が150万人、興行収入約19億円を突破している。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る