MANTANWEB(まんたんウェブ)

BOYS AND MEN吉原雅斗:人生初のだるまの目入れ 緊張しながら映画ヒット祈願

映画
だるまに目を入れながら観客からの突っ込みに返事をする吉原雅斗さん

 男性10人組ユニット「BOYS AND MEN」(ボイメン)の吉原雅斗さんが6月10日、名古屋市内で開催された、映画「X-MEN:ダーク・フェニックス」(サイモン・キンバーグ監督、21日公開)の完成披露試写会にサプライズゲストとして登場し、人生初となるだるまの目入れを行って同作の大ヒットを祈願した。「緊張しますね」と言いながら、赤いペンで目を入れると「サイクロップスとかジーンの覚醒をほうふつさせる」と「X-MEN」のキャラクターの名を挙げながら、「図工の成績3くらいの実力は出せたんじゃないでしょうか?」と満足げな笑顔を見せた。

 この日、吉原さんはサイクロップスにふんした姿で登場。だるまは、この日のために用意された「X-MEN」の特別仕様の愛知県産「三河だるま」で、吉原さんは「いきます!」と大きな声を出して目入れをスタートした。ゆっくりと時間をかけて丁寧に目を入れていくと、観客から「(だるまの目が)小さい!」と突っ込まれ、「小さいって言いましたよね」とすばやく反応。目が大きくなるよう書き加えながら「(目の白い部分を)全部、塗り潰すわけじゃないですよね?」と確認しながら完成させた。

 また「おじいちゃんとおばあちゃんが書道家なんですけど、全く関係ないですよね」と明かしたり、「(ペンの)メーカー名が見えないように書きますね」と取材カメラに細やかな気遣いを見せたりする場面もあった。

 吉原さんは小学生の頃にテレビの地上波で初めて「X-MEN」シリーズの映画を観て以来、同シリーズのファンだといい、あったらいいと思う特殊能力を聞かれ「ナイトクローラーの瞬間移動は押さえたい」「ストームは天気を操れますもんね」などと思い描いた。さらに今作について「女性を軸にストーリーが展開されていき、楽しいアクションシーンもたくさんありますので、大いに期待していただいて大丈夫なんじゃないかな」と太鼓判を押していた。

 ボイメンが愛知県警察の広報大使を務めていることから、同作と愛知県警察による「ライト・オン運動(夕暮れ時の前照灯早め点灯運動)」を啓発する、タイアップポスターのお披露目も行われた。

 「X-MEN:ダーク・フェニックス」は、米マーベル・コミックの人気マンガが原作の映画「X-MEN」シリーズの最新作。ジーン・グレイが巨大な脅威アポカリプスへの壊滅的な一撃を与え、人類を救った戦いから10年。宇宙ミッションでの事故によってジーンのダークサイドが増殖し、内に封じ込められていたもう一つの人格「ダーク・フェニックス」を解き放ってしまう。そして訪れる世界の危機。全宇宙の破滅を止めるためX-MENがジーンに立ち向かう……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る