MANTANWEB(まんたんウェブ)

花澤香菜:「もみ消して冬」SPドラマに声で出演 山田涼介の“信頼”得るAIサユリに

アニメ テレビ
スペシャルドラマ「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」に登場するAIサユリの声優を務める花澤香菜さん=日本テレビ提供

 声優の花澤香菜さんが、6月29日に放送される「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さん主演のスペシャルドラマ「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」(日本テレビ系)に声優として出演することが15日、明らかになった。花澤さんは、ドラマに登場するAIのサユリの声を演じる。

 スペシャルドラマでは、山田さん演じる主人公の北沢秀作の兄・博文(小澤征悦さん)がAIを駆使した医療技術という新たなスキルを身につけ“AI天才外科医”として日本に帰国。北沢家にも人工知能・AIケンジを持ち込む。花澤さんが演じるAIサユリは、AIケンジの妹で、秀作のアシスタントとして、話し相手として、次第に彼の信頼を得ていく。秀作はAIサユリに対して、恋心にも似た感情を抱くようになるという。同局の桝太一アナウンサーがAIケンジの声を担当する。

 花澤さんは「ドラマの中に、声だけで出演できる機会というのもなかなかないことなので、とっても光栄です。サユリはAIなんですけど、お話の中でどんどん変化がついていくキャラクターなので、台本をいただいて、どういうふうにやろうかとワクワクしていました」とアフレコを振り返っている。

 同作は、警察官の次男・北沢秀作、天才外科医の長男・博文、敏腕弁護士の長女・知晶(波瑠さん)というエリート3きょうだいが、家族に降りかかるトラブルを解決していく姿を描いた、山田さん主演の連続ドラマ「もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~」(2018年1月期放送)のスペシャルドラマ。

 連続ドラマでは、家族をこよなく愛するがゆえに家族に頭が上がらない秀作が、家族のために自分の職を失するという壮絶な戦いの結果、自分探しの旅をいったん終息させた。スペシャルドラマの舞台は、その後の2019年夏。秀作の家族内の地位はますます下落し、憧れていたパティシエへの面接もことごとく落ちた。一方、他の家族たちは昔に勝るとも劣らない社会的地位と経済的安定を手に入れていた。そんな中、博文がロスでAIを駆使した医療技術という新たなスキルを身につけ、「AI天才外科医」として日本に凱旋(がいせん)。北沢家に「AIケンジ」そして、その妹の「AIサユリ」を持ち込む……という展開。29日午後9時~同10時54分に放送。

 ◇花澤香菜さんのコメント全文

 ドラマの中に、声だけで出演できる機会というのもなかなかないことなので、とっても光栄です。サユリはAIなんですけど、お話の中でどんどん変化がついていくキャラクターなので、台本をいただいて、どういうふうにやろうかとワクワクしていました。(秀作さんの)メイドとして、業務的な受け答えは、現代のAIよりはちょっとまろやかだけど、ちゃんと機械がしゃべってますよ、と分かるように、少し人間味を消すようにしました。一方で、そういうプログラミングをされているんだろうけど、聞いている側が安心したり、好きになっちゃったりするような、人間らしさがあるところも、出すときは出さないといけないと考えてやりました。

 ――今回、ストーリー上で絡む主演の山田涼介さんの印象は?

 なんて整ったすてきなお顔なんだろう!とずっと思ってました。また、コメディーシーンでの崩れた顔も表情が豊かで、このドラマでまたあのお顔が見れるのかと思うと、今からすごく楽しみです。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る