山本美月:岡田准一が顔の大きさを「豆腐一丁」と表現 柳楽優弥の“脱がせた後”の優しさに感激 

映画「ザ・ファブル」の公開記念舞台あいさつに登場した山本美月さん(左)と岡田准一さん
1 / 1
映画「ザ・ファブル」の公開記念舞台あいさつに登場した山本美月さん(左)と岡田准一さん

 モデルで女優の山本美月さんが6月22日、東京都内で行われた映画「ザ・ファブル」(江口カン監督)の公開記念舞台あいさつに、主演の岡田准一さん、江口監督らと登場。共演者の「普通じゃないエピソード」を披露するコーナーで、江口監督が、山本さんに変顔の演技の指導をする際に「顔を触らせてもらったけど、骨格の小ささがヤバかったです」と明かすと、岡田さんも「スーパーに行って、豆腐一丁買ってください。あのぐらいの大きさです」と表現。山本さんは「もうちょっと、可愛いのにしてくださいよ」と応えていた。

 舞台あいさつには、共演の木村文乃さん、福士蒼汰さん、柳楽優弥さん、向井理さん、安田顕さん、宮川大輔さん、佐藤浩市さんも出席。山本さんは、共演者の「普通じゃないエピソード」について、柳楽さんとの共演シーンを挙げ、「カーディガンを脱がされた後に、すごく優しくしてくれました。気遣いがすごい方」と感激したことを語ると、柳楽さんは「ありがとうございます」と照れ笑いを浮かべていた。

 「ザ・ファブル」は、南勝久さんがマンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載中のマンガが原作。天才的な殺し屋として裏社会で恐れられる通称ファブル(岡田さん)が、ボス(佐藤さん)から「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る」という指令を受けて、殺しを封印して佐藤アキラという偽名で普通の生活を始める……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る