MANTANWEB(まんたんウェブ)

宮野真守:別役で「ペット」続編も出演 「ビジネスチャンスつかみました」 今作では悪役に

アニメ 映画
劇場版アニメ「ペット2」の日本語吹き替え版完成会見に登場した宮野真守さん

 「怪盗グルー」シリーズや「ミニオンズ」を手がけたイルミネーション・エンタテインメントの劇場版アニメ「ペット」の続編「ペット2」(クリス・ルノー監督、7月26日公開)の日本語吹き替え版完成会見が6月24日、東京都内で行われ、声優の宮野真守さんが登場した。前作でタカのタイベリアスを演じ、今回は新キャラクターの悪徳サーカス団長・セルゲイの日本語吹き替えを担当する宮野さんは、「(前作で)お役ご免になると思ったら、別の役で返り咲きました。ビジネスチャンスをつかみました」と笑顔を見せていた。

 本作で悪役に挑戦し、「前回はおじいちゃんだったんですけど、今回は悪役。ペットでは飛び道具を担当させていただき、声優のキャリアとしてもやったことのない役に挑戦しています」と語った。

 会見には、日本語吹き替えを担当するお笑いコンビ「バナナマン」の設楽統さんと日村勇紀さん、佐藤栞里さん、永作博美さん、内藤剛志さん、伊藤沙莉さんも登場。設楽さんは、宮野さんについて「変幻自在で何でもできる方。僕なんかは自分のこの声しかできないから、すごいと思います」と絶賛。永作さんから「どうやって(声の)幅を作るんですか」と聞かれ、宮野さんは「僕も悩みましたけど、元々の原音の方がロシアなまりで、英語も片言だったので、巻き舌にしてみたりしらた悪人っぽくなりました。でも続けるのが大変で、終わったら声がかれて大変でした」と振り返っていた。

 「ペット2」は、2016年に公開された「ペット」の続編。飼い主ケイティの寵愛(ちょうあい)を巡り、マウント合戦をしていたマックスとデュークはすっかり仲良しに。ケイティは恋人チャックができて、赤ん坊のリアムが誕生する。ある日、親戚が経営する田舎の牧場に家族旅行すると、マックスとデュークは牛の大群を誘導する農業犬のリーダー・ルータスに出会う……という内容。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る