香取慎吾:白石和彌監督から次回は「ミュージカル映画」のラブコールに笑顔

映画
映画「凪待ち」の初日舞台あいさつに登場した香取慎吾さん

 香取慎吾さんが6月28日、東京都内で行われた主演映画「凪待ち(なぎまち)」(白石和彌監督)の初日舞台あいさつに登場。メガホンをとった白石監督から、次は今作と同じメンバーで「全員歌って、華麗なステップを踏んでもらうミュージカルをやりたい」とラブコールを送られた香取さんは、笑顔で応えていた。

 初日舞台あいさつには、恒松祐里さん、西田尚美さん、吉澤健さん、音尾琢真さん、リリー・フランキーさん、白石監督も出席。リリーさんは白石監督の提案に「慎吾ちゃんはいいですけど。俺たちはねえ」と心配顔だったが、会場からは大きな拍手が湧き起こっていた。

 またステージでは、「凪待ちクイズ」と題して登壇者が考案したクイズを出題。香取さんは「撮影終わりに目を光らせて、何者かが僕を狙っていました。一体何者でしょう?」と問題を投げかけたが、「私も見たと思う」という恒松さんと西田さんが「シカ!」とすぐに正解を導き出した。香取さんは「暗い夜道。何十匹というシカが夜、真っ暗な木陰から見てるんですよ。撮影が終わってホテルに帰る時、車で走っていると横切ったりするから。もう怖くて、怖くて」と宮城県石巻市ならではの撮影の思い出を語っていた。

 「凪待ち」は、「クライマーズ・ハイ」「ふしぎな岬の物語」などの加藤正人さんが脚本を担当するオリジナル作品で、パートナーの女性とその娘と共に彼女の故郷の石巻で再出発しようとする男を主人公に、「喪失と再生」を描いた人間ドラマ。毎日をふらふら過ごしていた郁男(香取さん)は平穏を取り戻しつつあるように見えたが、小さなほころびが積み重なり、やがて取り返しのつかない事件が起きてしまう。郁男は絶望的な状況から、次第に自暴自棄になり……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る