白石麻衣:初日舞台あいさつを体調不良で欠席 乃木坂46ドキュメンタリー映画第2弾

映画 アイドル
ドキュメンタリー映画第2弾「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」の初日舞台あいさつを体調不良で欠席することになった白石麻衣さん

 アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さんが、7月5日にTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)で行われる同グループのドキュメンタリー映画第2弾「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」(岩下力監督)の初日舞台あいさつを体調不良で欠席することが、分かった。映画の公式サイトで発表された。

 今作は、前作「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂 46」(2015年公開)から4年ぶりとなる「乃木坂46」のドキュメンタリー映画第2弾。西野七瀬さんの卒業をきっかけに、自分探しの旅に出るメンバーたちの葛藤と成長がとらえられている。

 初日舞台あいさつには、秋元真夏さん、齋藤飛鳥さん、桜井玲香さん、堀未央奈さん、与田祐希さん、岩下監督が登場する予定。

 ◇公式サイトで発表された内容(原文のまま)

 初日舞台挨拶 登壇者についてお知らせ

 本日7月5日(金)にTOHOシネマズ日比谷にて行います『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』の初日舞台挨拶につきまして、出席を予定しておりました白石麻衣さんが体調不良により、欠席となりました。楽しみにされていたお客様には、心よりお詫び申し上げます。

 尚、舞台挨拶、舞台挨拶生中継に関しては予定通り開催致します。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る