MANTANWEB(まんたんウェブ)

ジャニー喜多川社長:7月9日に死去 ジャニーズ事務所が発表

芸能

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が7月9日午後4時47分、東京都内の病院で死去したことが同日、分かった。同事務所がファクスで発表した。死因は解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂による、くも膜下出血。87歳だった。

 ジャニー喜多川社長は6月18日午前11時半ごろ、自宅で体調の異変を訴え、病院に向かおうとしていたところ、意識を失い、緊急搬送された。搬送後、集中治療室での救命措置により、一般病棟に移ることができ、同事務所の所属タレントたちとの面会を果たしていた。

 同事務所は「ジャニーは病に倒れる直前まで、劇場やスタジオに赴く日々を過ごしておりました。特に公演を目前に控えたJr.たちに、連日、熱心に指導する姿はジャニーのプロデューサー人生そのものであり、まさに生涯プロデューサーとしての人生を全ういたしました」と記している。通夜・告別式については、所属タレントらのみで家族葬を執り行う予定。

 ジャニー喜多川社長は1962年、ジャニーズ事務所を設立。これまで数多くの人気タレントを生み出してきた。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る