MANTANWEB(まんたんウェブ)

仮面ライダー:「ゼロワン」ヒロインにPopteenモデル・鶴嶋乃愛 秘書型AI役「成長、見守って」

アニメ テレビ
令和初の仮面ライダー「仮面ライダーゼロワン」で秘書型AIのイズを演じる鶴嶋乃愛さん

 特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの新作が「仮面ライダーゼロワン」に決まり、ヒロインとなる秘書型AI・イズを、女性ファッション誌「Popteen(ポップティーン)」(角川春樹事務所)専属モデルの鶴嶋乃愛さんが演じることが7月17日、分かった。同日、東京都内で行われた「新仮面ライダー制作発表記者会見」で明らかにされた。

 「仮面ライダーゼロワン」は、元号が平成から令和に変わってから、1作目となる仮面ライダーで、「AI=人工知能」がテーマとなる。AIロボ=ヒューマギアが実用化された世界が舞台。主人公はAI企業「飛電インテリジェンス」の社長となる青年・飛電或人(ひでん・あると、高橋文哉さん)。自社が開発したAIロボがサイバーテロリストにハッキングされて暴走。仮面ライダーゼロワンに変身し、人工知能技術を巡る戦いに身を投じていく。

 イズ役の鶴嶋さんは2001年5月24日生まれ、高知県出身の18歳。“のあにゃん”の愛称で親しまれ、インスタグラムのフォロワーは18万人を突破している。会見で鶴嶋さんは「私自身、お芝居のオーディションを受けるのは初めての経験でした。決まったときも、誕生日にサプライズで聞かせてもらったのですが、人生で一番うれしいプレゼントでした!」と振り返った。

 イズは、飛電インテリジェンスの社長秘書となる“ヒューマギア”。社長の指示を聞く秘書に特化したAIロボだが、或人と共に仕事をすることでさまざまなことをラーニングし、変化していく。社長の或人と常に行動を共にし、仕事や戦いを忠実にサポートするが、或人のつまらないギャグをいちいち説明するため、或人に嫌がられる。

 鶴嶋さんは「役作りに関しては、私はマイペースなタイプなのですが、有能なAIの秘書役なのでテキパキと動くよう気をつけています。声の出し方でも、大声を出すときに感情が出ないように一定のテンションで、と気をつけるようにし、監督にもアドバイスをいただいて試行錯誤しながらやっています」と告白。さらに「イズはAI型の社長秘書で、或人と一緒に行動します。いつも淡々と仕事をこなすAIです。AIなので感情が無いのですが、喜怒哀楽の激しい或人と行動することでどう成長するのか見守っていただけたらうれしいです」とアピールしていた。

 ドラマは、テレビ朝日系で9月1日から毎週日曜午前9時に放送。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る