MANTANWEB(まんたんウェブ)

北村匠海:松坂桃李に「10年後は役者初のアニメ監督」を希望 “男子トーク”で盛り上がる

映画 芸能
劇場版アニメ「HELLO WORLD」の初日舞台あいさつに登場した北村匠海さん(左)と松坂桃李さん

 俳優の北村匠海さん、松坂桃李さんが9月20日、東京都内で行われた劇場版アニメ「HELLO WORLD」(伊藤智彦監督)の初日舞台あいさつに登場した。イベントでは、「10年後の自分が会いに来る」という作品のストーリーにちなみ、北村さんと松坂さんがお互いの10年後を想像し合うトークがあり、北村さんは「松坂さんとは、ゲームやアニメの話をよくしていたので、10年後はアニメーションの監督にチャレンジしてほしい。役者初のアニメーション監督に」と願望を語った。松坂さんは「ハードル高いなあ」と苦笑いしていた。

 以前、トークで北村さんは「どの時代にもアクセス可能なら、縄文時代へ行き、アウストラロピテクスと対話したい」と語っていたため、松坂さんはアニメの監督をするなら「『ギャートルズ』とか『ターちゃん』(『ジャングルの王者ターちゃん』)みたいなそういう時代をテーマにしたものにする」と話し、北村さんは「ぜひ、やりたい」と出演を希望。加えて、松坂さんは「ターちゃんみたいな役やってもらうよ。ほとんど全裸だけどね」と話し、北村さんは「喜んで!」と答えていた。

 イベントでは、劇中に登場する特殊な能力「神の手(グッドデザイン)」についてのトークも展開。「この能力を使えたとしたら?」という質問に北村さんは「僕はかねて言ってっていますが、ガンダムを作って乗りたい」と回答。松坂さんは「エヴァンゲリオンに乗りたいというのもありますけど、やっぱり螺旋丸ですかね。『NARUTO』というマンガがありまして……」と夢を膨らませていた。舞台あいさつには、声優を務めた浜辺美波さん、福原遥さん、伊藤監督も登場した。

 「HELLO WORLD」は、アニメ「ソードアート・オンライン(SAO)」「僕だけがいない街」などの伊藤監督が手がけるオリジナル劇場版アニメ。「正解するカド」などの野崎まどさんが脚本、「けいおん!」などの堀口悠紀子さんがキャラクターデザインを担当し、「楽園追放 -Expelled from Paradise-」などのグラフィニカが製作。

 物語の舞台は2027年の京都。内気な男子高校生・堅書直実(かたがき・なおみ、北村さん)の前に、10年後の未来から来た自分を名乗る青年ナオミ(松坂さん)が突然現れる。ナオミによれば、同級生の一行瑠璃(いちぎょう・るり、浜辺さん)は直実と結ばれるが、その後、事故によって命を落としてしまうという。直実は、瑠璃に迫る運命、ナオミの真の目的、現実世界に隠された秘密を知ることになる……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る