名探偵コナン:関西舞台のSPエピソード2020年1月に4週連続放送 「大怪獣ゴメラVS仮面ヤイバー」とは…

アニメ マンガ
2020年1月に4週連続で放送される「名探偵コナン」のスペシャルエピソードのティザービジュアル (C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

 テレビアニメ「名探偵コナン」(読売テレビ・日本テレビ系、土曜午後6時)のスペシャルエピソードが、2020年1月に4週連続で放送されることが9月21日、明らかになった。スペシャルエピソードは関西が舞台。ティザービジュアルも公開され、「大怪獣ゴメラVS仮面ヤイバー」「大怪獣とスーパーヒーロー、キミはどちらを応援する!?」という文字が添えられている。

 スペシャルエピソードは、劇場版「名探偵コナン から紅(くれない)の恋歌(ラブレター)」「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」の脚本を手がけた大倉崇裕さんの書き下ろし。大阪、京都などにコナンたちが登場し、大阪城、大阪城公園、劇中に登場する“日売テレビ”のモデルである読売テレビ新社屋といった関西のシンボルで推理を展開する。

 コナンたちは、新社屋完成記念映画「大怪獣ゴメラ対仮面ヤイバー」の製作発表会に招待され、大阪の日売テレビにやってくる。製作発表中、敏腕プロデューサーの米倉が倉庫で巨大な怪獣の下敷きになって絶命する事故が発生。怪獣を支えていたロープはナイフで切られており、大阪府警の大滝警部は事故ではなく、事件として捜査を進める。容疑者は米倉の部下に絞られるが……というストーリー。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る