MANTANWEB(まんたんウェブ)

いだてん:第39回「懐かしの満州」 志ん生が五りんに語り出したのは… 男たちの人生が交差する!

テレビ
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第39回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第39回「懐かしの満州」が10月13日に放送される(NHK総合、日曜午後8時ほか)。脳出血で倒れた志ん生(ビートたけしさん)は一命をとりとめ、弟子の五りん(神木隆之介さん)に、戦争中に満州へ兵士たちの慰問興行に行った時のことを語りだす。

 三遊亭圓生(中村七之助さん)と共に満州を巡っていた孝蔵(森山未來さん)は、小松勝(仲野太賀さん)と出会っていた。やがて終戦。おりん(夏帆さん)は帰国しない孝蔵の無事を占ってもらおうと、日本橋のバー「ローズ」を訪ねる。そこに田畑政治(阿部サダヲさん)が現れる。

「いだてん」は、日本人五輪初出場の明治末から、東京に五輪がやってきた1964年までの約半世紀を描くオリジナルストーリー。テーマは「東京とオリンピック」。大河ドラマで近現代史を取り上げるのは、1986年の「いのち」以来33年ぶり。

 第38回では、嘉納治五郎(役所広司さん)の死で求心力を失う組織委員会。日中戦争が長期化する中、1940年の東京オリンピック開催への反発は厳しさを増していく。追い詰められたIOC委員の副島(塚本晋也さん)は招致返上を提案するが、嘉納に夢を託された田畑は激しく葛藤する……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る