MANTANWEB(まんたんウェブ)

松岡禎丞&佐藤元:テレビアニメ「星合の空」 ソフトテニスアニメは「球は軟らかいけど堅い」

アニメ
テレビアニメ「星合の空」に声優として出演する佐藤元さん(左)と松岡禎丞さん

 中学校の男子ソフトテニス部が舞台のテレビアニメ「星合の空」。「天空のエスカフローネ」「ノエイン もうひとりの君へ」などの赤根和樹さんが監督のオリジナルアニメ。さまざな問題を抱える少年たちの青春を描く。本心や感情を隠す雨野樹役の松岡禎丞さん、優しいがどこか自信が持てない布津凜太朗役の佐藤元さんの二人に、作品への思い、自身の中学生時代について聞いた。

 ◇松岡禎丞が憧れから目標に

 ――作品の印象は?

 佐藤さん すごく繊細です。いろいろな意見があると思いますが、今の社会に必要な作品という確信があります。だからこそ、責任がありますし、覚悟を持って演じないといけないと思いました。

 松岡さん オーディションの時は、スポーツものだと思っていたのですが、実際には道徳の授業でも使えるような作品。驚きました。オーディションの時に読んだせりふの抜粋では、キャラクターの家庭環境のことが分からなかったんです。こういう柔らかい絵柄ですしね。人間関係を掘り下げていくことが分かり、これは楽しいことになるぞ!と感じました。

 ――役作りについて教えてください。

 佐藤さん ものすごくやりがいを感じました。キャラクターがリアルだからどうアプローチするか、どう追求するかに悩んだんです。僕は福祉の勉強をしていたので、今までボランティアで見た場所、子供たちのことを思い出していました。不思議な縁ですね。知っているからナイーブになるところもありました。だからこそ、覚悟を持って挑まないといけない。

 松岡さん オリジナル作品で、先のことが分からないので、毎週どうなるんだろう?とアフレコが進んでいきました。話が進んでいくと、第1話からの差が明確に表れてきます。第1話はキャラクターの表面が見えるけど、話が進むとキャラクターが掘り下げられる。この子はこういうことを考えていたんだ……と見えてくるんです。この頃の子供って親に本音を隠す。表面上と内心思っていることが違うんですよね。

 佐藤さん 毎回、脚本が新鮮です。どうなるんだろう?とスリリングで、楽しかったです。

 ――佐藤さんにとって松岡さんは先輩です。共演する中でどんな印象を受けましたか?

 佐藤さん 松岡さんは、声優になる前から憧れの方。芝居を一緒にしてから、目標になりました。こんなふうに松岡さんは演じるのか……と勉強させていただいています。松岡さんには、僕のやることを全部受け止めていただけるんです。ご一緒させていただき、感謝しかないです。

 松岡さん 僕も先輩を見て、演じてきました。いろいろな現場も経験していて、どうきても流れを殺さずに返す方法というのはできてきているのかな?

 佐藤さん 本当にありがたいです。

 ◇中学時代の部活の思い出

 ――キャストは男性が多いですが、現場は部活のようだった?

 佐藤さん みんなで叫ぶシーンは、部活っぽいですね。

 松岡さん 僕は中学生の時、吹奏楽部で女性ばかりだったんです。3年生の時なんて、男1人でしたから。辞めたかったです(笑い)。アフレコでは、男性が集まるとこうなるのか……と。(曽我翅役の)豊永(利行)さんが毎回、面白いことを言ってくれています。

 ――佐藤さんは中学生時代の部活は?

 佐藤さん 僕は剣道部でした。全国大会に出るような強豪で、練習もしんどかったです。何よりも大変だったのは、食べろ!とよく言われたこと。山盛りのカレーにホットドッグ3本、こぶし大のメンチカツ、オレンジが置いてあって、さあ食え!って。中2の時、左ひじを壊して、部活を辞め、高校で再び剣道部に入るのですが、中学時代といえば、山盛りのカレーを思い出しますね。

 ――複雑な人間関係も描かれます。見どころを教えてください。

 佐藤さん 本当に複雑です。選手以外に、マネジャーの飛鳥悠汰君も見ていただきたいし、キャラクター全員に注目していただきたいです。家族の視点でキャラクターを見ると、全然違うものにも見えるはずです。それがこの作品の深みにも関わってくると思います。

 松岡さん すごい部活動ですよね。さまざま過去を抱えた人たちが集まって、ソフトテニスをやっている。ソフトテニス、球は軟らかいけど、堅いですよ。

 ――松岡さんがうまくまとめてくださいました。「軟らかいけど堅い」というのは、ずっと考えていたんですか?

 松岡さん いや(笑い)。今、しゃべっていて出てきた言葉です。

 佐藤さん こうまとめるといいんだ! と勉強になります。いつも、背中を見させていただいています。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る