乃木坂46:久保史緒里らが“セーラー戦士”に 「お仕置きしたい」メンバーは…?

マンガ アイドル
「乃木坂46版 ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』2019」初日会見に登場した「乃木坂46」の(左から)伊藤純奈さん、向井葉月さん、久保史緒里さん、早川聖来さん、田村真佑さん(C)武内直子・ PNP /乃木坂 46 版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会 2019

 アイドルグループ「乃木坂46」と、武内直子さんの人気マンガ「美少女戦士セーラームーン」がコラボした「乃木坂46版ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』2019」の初日会見が10月10日、東京都内で行われ、セーラームーン(月野うさぎ)役の久保史緒里さんをはじめ、向井葉月さん、早川聖来さん、伊藤純奈さん、田村真佑さんら“セーラー5戦士”が登場した。

 久保さんは「この日を迎えるためにみんなでおけいこをしてきましたが、いい意味で初日って来るのかな?って思う日々が続いたというか、もっともっと追求したいという気持ちが日に日に増していました」とけいこを振り返り、「一番に“楽しみ”だなと思える初日は初めてなので、大好きなキャストの皆さんと楽しく、そしてすてきな時間を過ごせたらいいなと思います」と意気込んだ。

 向井さんは「けいこ期間は、他の戦士やキャストさんに迷惑をかけながらも一緒に頑張ってこられたので、みんなで作り上げてきたものを精いっぱい出せるように、見てくださる方に夢を届けられるように、一生懸命頑張りたいと思います」、早川さんは「緊張とか不安もありますが、来てくださったお客様に楽しんでいただけるように、精いっぱい頑張りたいと思います」とコメントした。

 伊藤さんは「5戦士や、他のキャストとけいこが終わった後もかなり話し込んで作り上げてきたので、緊張はしていますが、みんながいるから心強いなという気持ちで、安心して今日を迎えることができました。頑張ります!」、田村さんは「本当に毎日分からないことだらけで、不安はたくさんありましたが、それを他のキャストの皆さんに支えていただきながら、初日を迎えることができました。今もすごく緊張してますが、けがなく、楽しく舞台を作っていけたらいいなと思っています」とそれぞれに意気込みを語った。
 
 会見でけいこで大変だったことについて聞かれると、「私(乃木坂46の)2期メンバーで(この中で)一番先輩なんで、この子たちはいい意味で、可愛いんですけど、手がかかる!(笑い)」と伊藤さん。「それぞれパターンの違う妹というか。今の楽屋でも、わちゃわちゃと妹たちがうるさいのをほほ笑ましく見ているという」と明かした。

 さらに「一番お仕置きしたいメンバーは?」と問われると「(田村)真佑(笑い)。全員なんですけど、私が何しても、『あ、純奈さん可愛い~』みたいな。まあ、イジっているんですよね。なんか今も、『お仕置きされた~い』とかイジってくる。先輩なんですけど、なめられている(笑い)」と冗談交じりに語り、笑いを誘った。

 ミュージカルは初演に引き続き、2.5次元ミュージカルやさまざまな舞台で、映像や音楽を融合した演出手法に定評がある劇作家・演出家のウォーリー木下さんが演出を務める。東京公演は、10月10~14日、TOKYO DOME CITY HALL(東京都文京区)で上演。

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る