注目映画紹介:「真実」是枝裕和監督の最新作 “真実”を巡る母娘の愛憎描く 宮崎あおいが洋画吹き替え初挑戦

映画
映画「真実」のビジュアル (C)2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA

 今年度ベネチア国際映画祭でオープニング上映された「真実」(是枝裕和監督)が10月11日からTOHOシネマズ六本木ヒルズ(東京都港区)ほかで公開される。“真実”を巡る母娘の愛憎や葛藤などを描いた作品。カトリーヌ・ドヌーブさん、ジュリエット・ビノシュさんというフランスの大女優が母娘役で共演。日本語吹き替え版では女優の宮本信子さんが母ファビエンヌ、宮崎あおいさんが娘リュミールの声を担当している。

 「万引き家族」などで知られる是枝監督初の国際共同製作作品で、フランスで撮影された。

 国民的大女優のファビエンヌ(ドヌーブさん)が自伝「真実」を出版。娘のリュミール(ビノシュさん)や娘むこ(イーサン・ホークさん)、孫娘シャルロット(クレモンティーヌ・グルニエさん)ら家族は、出版祝いを口実にファビエンヌの元を訪れる。自伝を読んだリュミールは、そこに書かれたうそと書かれなかった真実について、ファビエンヌを問いただし、次第に、母と娘の間に隠された愛憎渦巻く心の影があらわになっていく……。

 物語の中心となるのは、ドヌーブさん演じるファビエンヌとビノシュさん演じるリュミールの母娘。それぞれの思う「真実」を巡り、葛藤や憎しみ、愛情などの感情が交錯する。魅力的な女性が多く登場する中で、一際存在感を放つのはファビエンヌだ。気ままで傲慢な性格、歯に衣(きぬ)着せぬ物言い、どこか寂し気な雰囲気、大女優としての矜持(きょうじ)……とさまざまなシーンで人間くささをのぞかせ、厄介でありつつ魅力的な人物に仕上がっている。「私は女優なの。本当のことなんて簡単に話さない」など、劇中でファビエンヌの口から語られる数々の「女優」としてのせりふも印象的だ。

 日本語吹き替え版ではそんなファビエンヌの声を宮本さんが好演。洋画の吹き替え初挑戦の宮崎さんも母、妻、娘と多面的な表情を持つリュミールの声を生き生きと演じている。こちらも字幕版とは別の楽しみ方ができる。(河鰭悠太郎/フリーライター)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る