出川哲朗:ベストジーニスト初受賞も手持ちのジーンズは「はきません」

「第36回ベストジーニスト2019」に選出され発表会に出席した出川哲朗さん
1 / 1
「第36回ベストジーニスト2019」に選出され発表会に出席した出川哲朗さん

 「最もジーンズが似合う有名人」を選ぶ「第36回ベストジーニスト2019」(日本ジーンズ協議会主催)が10月15日に発表され、タレントの出川哲朗さんが主催者が推薦、選出した「協議会選出部門」で選出された。今回が初めての受賞となった出川さんは「1本しかジーンズを持っていない」と明かした。今年の受賞者の1人で同じく発表会に出席した人気グループ「Hey!Say!JUMP」の中島裕翔さんに「1本を愛するのがいいですよね」とフォローが入るも、「愛していないんだよ。その1本もおなかが入らないから、これからもはきません」と話し、会場の笑いを誘った。

 出川さんは、電動スクーターで各地を旅する番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」(テレビ東京)でのデニムのオーバーオール姿がおなじみとなっており、「名物ディレクターとゲストと共にジーンズを着用し、地球環境を意識した電動バイクで全国を旅されて、ジーンズの良さと人柄を伝え続けてきました」といった理由で選出された。

 全国投票で決まる一般選出部門は、はがきとインターネットで投票が行われ、男性部門は中島さんが12万6853票、女性部門は女優の山本美月さんが7万9502票を獲得し、受賞した。中島さんは3年連続受賞で「永久ベストジーニスト」として殿堂入り。山本さんは初受賞となる。

 「協議会選出部門」では、出川さんのほか、女優の長谷川京子さん、女性ダンス&ボーカルグループ「E-girls(イーガールズ)」が選出された。今年度より新設された「次世代部門」では、女優の石橋静河さん、「第31回ジュノンスーパーボーイコンテスト」で「DDセルフプロデュース賞」を受賞した現役男子高校生の井手上漠さんが選ばれた。

 ベストジーニストは、ジーンズを着る楽しさなどを広く知らせるため1984年から開催。過去に木村拓哉さん、草なぎ剛さん、亀梨和也さん、浜崎あゆみさん、倖田來未さんが「一般選出部門」を5回受賞し、「永久ベストジーニスト」として殿堂入りした。2013年度からは3回の受賞で殿堂入りすることに変更され、相葉雅紀さん、ローラさん、藤ケ谷太輔さん、菜々緒さんも「永久ベストジーニスト」に名を連ねている。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る