ガンダム:幻の「MS-X」のアクト・ザクがROBOT魂に 後の機体開発の元 多彩な武器も

アニメ グッズ
「ガンダム」シリーズの企画「MS-X」のアクト・ザクのアクションフィギュア「ROBOT魂 <SIDE MS> MS-11 アクト・ザク ver. A.N.I.M.E.」(C)創通・サンライズ

 人気アニメ「ガンダム」シリーズの企画「MS-X」から生まれたアクト・ザクのアクションフィギュア「ROBOT魂 <SIDE MS> MS-11 アクト・ザク ver. A.N.I.M.E.」が、バンダイスピリッツから発売される。価格は7700円。「MS-X」は「MSV」の続編にあたる幻の企画で、アクト・ザクは量産型ザクの正統発展機として小惑星ペズンで開発された機体。

 アクト・ザクは、関節部にマグネット・コーティングを採用するなど総合的な能力向上を実現。接収した連邦軍が完成度の高さから採用し、後の機体開発の元になった。フィギュアは、全高約12.5センチで、胸部は引き込み式装甲を採用。武器を両手に持ったり、腕を内側に向けるなどのポージングを実現する。

 ビーム・ライフル、ブルパップ・ガン、2種類のヒート・ホーク、ビーム・サーベルが付属。スカート部分に各種装備をマウントできる。別売りの「ROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.」シリーズのバーニアエフェクトや「ROBOT魂 MS-06S シャア専用ザク ver. A.N.I.M.E.」のマシンガンエフェクトなどを取り付けられる。

 バンダイスピリッツのフィギュアブランド「魂ネイションズ」の公式ショッピングサイト「魂ウェブ商店」で予約を受け付けている。2020年3月に発送予定。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る